恋愛世代のリアルを発信。

【彼と深く付き合うコツ♡】トキメキが続く恋愛には定期的なアノコトが必要。

文・harako — 2016.11.23
何年も付き合っていると、安心や安定の引き換えにトキメキがなくなってしまう…? 長い春のカップルの間では、どんな工夫をしているのかをリサーチしてみました!

【アンアン総研リサーチ】vol. 180

81%の女性がマンネリ経験あり

なんだか最近…。

なんだか最近…。

マンネリ経験者の女性に、どんな時に思うか聞いてみたところ……。

「いつも同じことの繰り返しで、相手のテンションもフラット気味」(31歳・マーケティング)
「お互いにトキメキがなくなったり些細なことでイライラしたり人としての愛情を感じられなくなったとき」(33歳・営業)
「前回着た服を意識せずに服を選ぶようになった」(30歳・その他)
「会う時にすっぴんの日が増えた」(22歳・その他)

付き合い始めのドキドキ感があるときは、デートのたびに洋服を考えたり、メイクもバッチリが基本。しかし、年数が経つにつれて、お互いの緊張感が低くなってきたのを感じるとマンネリの引き金になるのかもしれません。

マンネリ打破は話し合いがカギ!?

やっぱり好き♡

やっぱり好き♡

そこでマンネリ解消するための工夫をしているかという質問には、「定期的な話し合いをしている」カップルが27%。特に意識していないカップルが53%のなか、この27%の女性たちの意見が意外な打破方法を知っていました。定期的な話し合いをすることで、付き合い始めより仲が深まったと感じる瞬間がこちら。

「お互いの考えがわかるようになった」(28歳・事務職)
「お互い言いたいことを言える仲になったり、相手の気持ちをお互いが考えるようになって、とても仲が深まった」(26歳・その他)
「ケンカをしたときに彼の本心が聞けて、自分が感じ取っていた彼と本当の彼は違ったこと」(26歳・その他)
「喧嘩が減った。ケンカしそうになるとお互いで軌道修正はじめるように成長した」(25歳・学生)

相手のことをより深く知ることで、新しい2人の楽しみ方ができている様子なのです。

将来を話し合うことで、グッと絆は深まる♡

もうそろそろ結婚…?

もうそろそろ結婚…?

「トキメキ」という言葉を聞くと、付き合い始めのなんだかぎこちない感じを連想する女性が多いと思いますが、このリサーチ結果からわかることは、トキメキにはもうワンランク上のステップがあるということ。2人の仲が家族ぐるみになったり、周りから公認されたり、彼の深い部分を知ることができると安心感にプラスして新しいトキメキが生まれる予感です♡