恋愛世代のリアルを発信。

【職場の人間関係を良好に!】苦手な相手でもうまく付き合える3つの方法

文・Yoshimi — 2016.10.7 — Page 1/2
みんなと仲良くできたらいいけれど、全ての人と良好な関係でいるのはなかなか難しいですよね。プライベートなら苦手な人と無理に近付く必要はありませんが、仕事だとそうもいきません。そこで、苦手な相手でもうまく付き合える方法をお伝えします! マイナスをプラスに変換できる人間力の高い女子に♪

【アンアン総研リサーチ】vol. 170

職場に苦手な人がいます!

「あの人が新しい上司か……お先真っ暗」なんて、思うことはありません!

「あの人が新しい上司か……お先真っ暗」なんて、思うことはありません!

「仲良くしたいけれど、どうしてもこの人は好きになれない!」。きっと一度は誰もがそんな相手に出会ったことがあるのではないでしょうか。プライベートでは、苦手な人を避けるのは簡単ですが、職場が一緒、さらに上司がそうとなると、逃げるわけにもいきません。そこで、人付き合い上手な賢い先輩たちに、苦手な人との人間関係の築き方を聞いてみました!

苦手な相手でもうまく付き合える方法

褒めちぎりましょう。

褒めちぎりましょう。

1.嫌いな人の知り合いに、嫌いな人をべた褒めする

「25歳で転職したとき、意地悪お局様が私の上司に。数か月耐えて、我慢の限界だったころ、お局上司と仲が良い上司と飲み会で隣になり、社交辞令もあってお局のことを大げさすぎるくらいに褒めました。すると、その話がお局に伝わったのか、翌日から態度が徐々に柔らかくなり、今では一緒に2人で飲みに行く仲に。今思うのですが、当時は私の相手への苦手意識が自然と伝わって、お互いギクシャクしてたような気がします」(29歳・事務職)

苦手な人だからといって、共感してもらえる仲間を増やすべく色々な人にその人の悪口を言うのは一時的なストレス発散になっても、結局は逆効果にしかなりません。であれば、相手の良いところを無理やり探して、まずは褒めるところから始めてみてはいかがでしょうか。特にオススメなのが、単に本人の前で褒めるのではなく、本人に近い人の前で褒めること。信頼できる人経由で「あなたが褒めている」ということを聞いた方が上辺だけでなく本気で褒めてくれていると印象を強く与えられます! また、嫌悪感は、空気を伝わっていつの間にか相手に届いているもの。あなたが少しその人を見る角度を変えるだけで、意外にあっさりと苦手な人から大切な人に変わっていくのかもしれません。