恋愛世代のリアルを発信。

【未来の花嫁へ】デキる夫に育てるため妻がするべき習慣3つ

文・Yoshimi — 2016.8.14 — Page 1/2
「デキる男の陰には、デキる妻の支えあり」。なんて言うのは簡単ですが実際に何をすればデキる夫に育てられるのでしょう? 内助の功を発揮しているデキ妻の習慣を聞いてみました!

【アンアン総研リサーチ】vol. 162

デキる夫の、デキる妻になりたい

些細なことのようで大事なんです。

些細なことのようで大事なんです。

もうすでに誰かの妻であるあなたも、これから妻になるはずのあなたも、夫を育てるためにデキる妻が行っている習慣、気になりませんか? 人望もあり出世できる男の影には「内助の功あり」なのです!

デキる夫に育てるため妻がするべき習慣

義父母の前では旦那を立てておきましょう。

義父母の前では旦那を立てておきましょう。

その1:外では「主人」、義両親の前では「〇〇さん」、二人っきりの時はあだ名で呼ぶ

「主人の呼び方を気をつけています。会社の人の前では “主人”、義両親の前では “さん” 付けで、子供の前では、“パパ”。二人の時は付き合っていた時代のあだ名で呼んでいます。会社の人の前でも、パパと呼ぶと、なんだか威厳が下がって聞こえちゃいませんか? 妻として、パートナーの呼び方をきちんと使い分けられることは、主人の周りからの見え方にも影響します。意外に皆さんやってらっしゃらないけれど、とても大切ですよ」(36歳・取締役)

シーンに合わせて上手に夫の呼び方を区別することで、彼の株が上がるだけでなく、二人の仲も良い関係を継続的に保てるようになります。外では「この人は家庭でも尊敬されて、一家を支える大黒柱である」という印象を周りの人にさりげなく伝えるため「主人」を、義両親の前では、息子は結婚後も尊敬され家庭でうまくやっているということを示すために「さん」を、そして二人っきりの時は付き合いたての気持ちを味わえるように二人しか知らない秘密のあだ名で呼び合うようにする。「呼び名」って小さなことですが、その積み重ねが、彼が家庭や職場の人間関係に悩まされずに仕事に集中できる状態を作ることにつながるのかもしれません。