恋愛世代のリアルを発信。

【5人に4人が成功!?】おじさまに、欲しいものを買ってもらえる5作戦。

2016.2.23 — Page 1/2
女性はオシャレにお金も時間もかかるもの! たまにでもいいから、おじさまに何かを買ってもらえたら……。女子なら誰しもあるその欲望を叶えられる作戦があるんです!

【アンアン総研リサーチ】vol.106 文・高橋ひとみ

だって、オシャレしたいもん♡
だって、オシャレしたいもん♡

大きな声では言いにくいけれど、世の紳士なおじさまに、買ってもらえたら嬉しいものって誰しもあります。だって女性は、男性より何倍も、おしゃれにお金も時間もかかるんですから。そんな心の中にある淡い思いを叶えてもらえたら、やっぱり嬉しいもの! とはいえ、図々しくも「これ買ってほしい」なんて言えないですよね。そこで、20~30代の女子から成る総研メンバー200名に、自然な成り行きで欲しいものを買ってもらう作戦を訊いちゃいました。その中から、絶対使える5選をご紹介します。

第5位.候補を2つ挙げて、ひとつは諦める作戦!

赤いヒールを諦めるフリ!
赤いヒールを諦めるフリ!
 

「ほしいものを2つ出して、どちらを購入したほうがいいかオススメを聞く。じゃあこっちは諦めてこっち買うか〜と残念そうにしていると、諦めたほうを買ってくれたりします」(29歳・自由業)

本当はどっちも欲しいけど、1つは残念ながら諦めます……。会話の中でそれとなく仕掛ける作戦です。諦めたほうを、後日買ってきてくれたり、誕生日などのイベントの際に、思い出して買ってくれる可能性があります。

第4位.ホワイトデーに期待する作戦!

このチョコが、何に化けるかな♪
このチョコが、何に化けるかな♪
 

「バレンタインをあげれば、必ずホワイトデーで10倍以上のお返しがもらえます」(30歳・IT関連)

手作りチョコのお返しはブランド品のバッグなんて話を訊いたことがありますが、チョコ以上のものが返ってくることは間違いなし。ホワイトデー前に、それとなく最近気になってるものを伝えておいたら、それが貰えたりすることも!?

第3位.自分では無理なことをさりげなく頼る作戦!

「俺ならデキる」と思わせるのが勝ち!
「俺ならデキる」と思わせるのが勝ち!
 

「昔、行きたくても行けないコンサートがあり、『明後日の〇〇のコンサート行きたいのにチケット手に入らなかったんですよ』と帰り際にさりげなく言ってみたら、最高にいい席をとってくれた。〇〇できなくて……とアピールすると、俺なら出来ると頑張ってくれるおじさまがいる」(30歳・事務職)

私レベルでは絶対できないけど、もしかしてアナタなら出来ちゃうの? 作戦。人は頼ってもらえると嬉しいもの。私には到底手が届かないということを、それとなく伝えることで、俺なら出来ると燃えてくれるおじさまがいるものです。続いて、第2位は?