恋愛世代のリアルを発信。

【女が男以上にすべきこと??】上級者に聞く恋愛美学、ほんの6選♡

2016.2.2 — Page 1/2
好きな人ができたときやモテたいときに、マネしたくなるのが恋愛テクニックやマニュアル。けれど、どれもベタでアテになりませんよね。そこで、20~30代のモテ女子、アンアン総研メンバー200名に恋愛の美学を聞いてみました!

【アンアン総研リサーチ】vol.95 文・高橋ひとみ

真実は、恋愛上級者に聞いてみる!

恋愛美学を教えてください!
恋愛美学を教えてください!

世の中には、恋愛のテクニックやマニュアルが数多く存在します。好きな人ができたときやモテたいときに、ついすがりたくなったり、実践したくなるものですよね。けれど、どれもこれもベタな内容だったりします。結局、男女の真実は、経験でしか知り得ないと思いませんか。すなわち、経験者のリアルな声を訊くのが一番!

ということで、20~30代のモテ女子、総研メンバー200名に恋愛の美学をあれこれ訊いてみました。美学とは、自分では良いと思っている独特な思想のこと。よくある恋愛マニュアルにはない、尖っていて、耳が痛いけどリアルな声をピックアップしてみました。

恋愛編とセックス編、2記事ありますが、こちらは恋愛編。※セックス編のリンクは記事の最後にあります。

恋愛とは、〇〇だ!

目の前にいるアナタが運命の人! そう思わなくっちゃ!
目の前にいるアナタが運命の人! そう思わなくっちゃ!
 

1.恋愛とは、“一途であるべき” だ!

「周りを見ていたら、きりがなくて婚期を逃す」(28歳・事務職)

心にグサリとくる、とても説得力のある言葉ですね。もっと遊びたい、もっと良い男! と取っ替え引っ替えしていたら、運命の相手を逃します。まだ若いからという言い訳は、早々に終わらせた方がいいのかも!?

 

2.恋愛とは、“尊敬のもとに生まれるべき” だ!

「”好き” だけだと、飽きるときは必ず来る。相手の尊敬できる部分を探して、自分もこうなりたい、と一種のアイコンとして相手を見れば、より良い付き合いができる」(21歳・学生)

残念ながら、“好き” という感情は一時的な気持ちにすぎません。著名人の講演を聞いてモチベーションがあがっても、次の日にはやる気がしぼんでいるように、感情は環境や時間とともに変化していくもの。それとは別に、どこが尊敬できて、どんなことをしてもらいたい、してあげたいのか、具体的に掘り下げ、実際に行動にうつしてあげることが “好き” だけに留まらず、確固たる信頼関係を築く秘訣なのかもしれません。

 

3.恋愛とは、”一生していくべきもの” だ!

「恋愛は人生のスパイス。いくつになっても恋に落ちていたほうが脳も活性化しますし、体も若々しくいられると思います」(30歳・事務職)

うつ病の治療法に、恋をしてくださいという話があるほど、恋愛は人を強くします。大切なあの人を守ってあげたい、自分を好きになってほしいと強く思う相手がいるということは、信じられないほど、パワーがみなぎりますよね。人生のスパイスは、生きているうちはずっと効かせていたいですね。