恋愛世代のリアルを発信。

【サマーマジック効果】夏の恋が終わるのは◯◯の事情があった!

2015.8.15 — Page 2/2

ただのヤンキーだと発覚!

ワイルドな男性だと思ったのに……ただの地元のヤンキー?
ワイルドな男性だと思ったのに……ただの地元のヤンキー?

「海辺でちょっといいなと思った人とLINEを交換したけど、トップ画が金髪ヤンキー写真だったとき」(28歳・技術・設計)

「地元にある海の家でEXILE風のワイルドな男性に声を掛けられて仲良くなってセックスまでしちゃったのに、暴走族みたいな痛車バイクに乗っているのを見たとき一気に冷めた」(26歳・出版)

「海で泳いでいる彼は髪が下りていて良かったのに、私服だと髪もオールバックにして固めていてスカルのピアスをしていたとき。襟足が妙に長いのも一昔前のワルみたいでイヤだった」(28歳・自由業)

EXILE風とヤンキーは紙一重。特に海辺にはエセEXILE風男性が多く紛れているようなので気を付けましょう!

単純に酔いが醒めた

「旅行先で出会った外国人と一夜を共にした私ですが、酔いからさめると『なんでこの人と一緒にいるんだ??』と自分が怖くなったことがあります(笑)」(23歳・学生)

「ビアガーデンの帰りに酔った勢いでラブホに行っちゃったけど、翌朝お互いに冷静になっていたとき。気まずさがハンパなかった」(26歳・出版)

「花火大会後、浴衣でエッチして超盛り上がったのに、翌朝ホテル代を割り勘請求された。付き合うと思っていたのに、これはあり得ない……」(26歳・自由業)

酔った勢いに任せていただけってこと、ありますよね。現実に戻ったら、「なんでこの人とあんなことを!?」と後悔しないようにしましょう。

 

意外とサマーマジックは多くあるようです。皆さんもサマーマジックにかかってしまわないように気を付けてくださいね。もし恋に落ちてしまっても、全ては夏のせいなのかも?

以上、【セックスリサーチ】vol.63でした!