恋愛世代のリアルを発信。

【これで続けられる!】折れない“ダイエットモチベ”の作り方。

2015.3.3 — Page 1/4
女子の永遠の課題、"ダイエット"。成功のカギは、いかにしてモチベーションを保つかです。今回は、たゆまぬ努力でプロポーションを保っている総研メンバーに、ダイエットのコツをアンケート取材。これからダイエットに励む人にも、マンネリしがちな人も必見です!

【アンアン総研リサーチ】vol.47 文・宮田愛子

女子の永遠の課題、”ダイエット”。成功のカギは、いかにしてモチベーションを保つかです。

今回は、たゆまぬ努力でプロポーションを保っている総研メンバーに、ダイエットのコツをアンケート取材。これからダイエットに励む人にも、マンネリしがちな人も必見です!

要注意! モチベが下がる3大ポイント

あ、またやっちゃった!
あ、またやっちゃった!

ダイエットに必要不可欠なやる気。どんな時にそがれてしまうのでしょうか?

その1

避けられない、あの日
「生理前に食欲が上がるとき。お菓子が無性に食べたくなって、ダイエットなんてもういいやー! ってなります」(29歳・学生)

最も多かった答えは、生理前と生理中。気分が落ち込むのにプラスして、我慢できない暴飲暴食。そんなときは、無理に我慢をしないがポイント。母の目線になって体に優しいお菓子を摂取するなど、あくまで±ゼロを目指しましょう。

その2

このままでもいい? 目標を見失ったとき
「モテている時は自分に満足してしまい、現状維持でもいいのでは…と思ってしまう」(29歳・IT関連)
「体重が落ちなくなった時、彼に『いまのままでいいよ』と言われて」(26歳・マーケティング)

もしかしてそれ、井の中の蛙状態?! いまは良くても、そのまま怠けていたらツケは回ってくるもの。カレがいなかったときや、太っていたときの日記やブログなどを読み返し、初心に戻るのも手。暗黒時代を思い出して!

その3

自分磨きの余裕がないとき
「不可抗力の予定が入ってしまい、自分磨きの為に時間ぎ取れない時」(23歳・営業)

そんなときこそプラスしたい、ひと手間。いい香りの入浴剤を入れたお風呂に10分でもつかる等、五感をフルに使ってゆっくり自分を癒してあげましょう。

【次のページ】やる気を出す方法とは?