恋愛世代のリアルを発信。

【今、ヘルシー女子がモテる】Beatsのルーク・ウッドPresidentに聞いたマラソンを楽しむコツ!

写真・島崎雄史 文・三谷真美 Beats by Dr. Dre(PR) — 2017.6.9〔PR〕
anan総研マラソン部が世界的セレブと一緒に走りながらマラソンの素晴らしさを改めてリサーチ!新緑の中で気持ち良さそうに走る様子と、ダイエット&美容に最適なマラソンを楽しむためのコツをお届けします。

【マラソン部ニュース】vol. 38

今日はスペシャルゲストと一緒に走りまーす!

L-3063

走るのが大好きなこの4人が公園で3kmのマラソンに挑戦。そして、我々マラソン部が一緒に走るスペシャルゲストとは……「Beats by Dr. Dre」プレジデントのルーク・ウッドさん!

L-2849

ヘッドフォンやイヤフォン、スピーカーが圧倒的人気を誇っている「Beats by Dr. Dre」。そのプレジデントであるルークさんが来日中にマラソン部のメンバーと走ることに!

毎日10km近く走っているルークさんに、マラソンの素晴らしさを教えてもらいました!

L-2932

ルークさんに聞いた、走ることのメリットとは?

1.心身のフィットネス効果

ダイエットや健康に良いのはもちろん、脳の活性化や気持ちをポジティブに導いてくれる効果もあるので、忙しかったり悩みの多い若い世代の方にこそ走ってほしい。

2.思考がクリアになる

良い企画が生まれるときは、いつも決まって走った後。一人で走っているときは瞑想している状態なので、30分くらい気持ち良く走ることで頭がクリアになりひらめきがある。

3.みんなで走ると仲間意識が生まれる

友達と一緒に走るのもおすすめ。ダイエットのためでも健康のためでも、マラソン大会を目標にしても良い。一緒に走るということは楽しい気持ちはもちろん疲れてしんどい状態をも共有することだから、仲間意識が生まれるんです。一緒にスポーツをした仲間は最高だよ!

今日はルークさんが作ったプレイリストを聴きながら走ります!

L-3077

ルークさんは、プロデューサー、ギタリストとして音楽業界で20年以上の実績を持っているミュージシャンでもあるのです!
「楽しく走るためにはお気に入りの音楽が欠かせない!最初はハードでアグレッシブルな曲を、続いてパンクロックやセクシーな曲などいろいろ混ぜたよ。走っているときは気分が変わるから、いろんな曲を聴くのがおすすめ。この日のために、日本へ来る飛行機の中でプレイリストを作ったよ」(ルークさん)

1. HUMBLE. /Kendrick Lamar
2. I Wanna Be Sedated/Ramones
3. How Do U Want It/2Pac
4. Get Free/The Vines
5. Might Not(Feat. The Weeknd)/Belly
6. Don’t Stop the Music/Rihanna
7. call the police/LCD Soundsystem
8. Sunday Love/Bat for Lashes
9. Work It (Promo Version)/Missy Elliott
10. Unforgettable(Feat. Swae Lee)/French Montana
11. This Charming Man (John Peel session 9/14/83)/The Smiths
12. La forêt/Lescop
13. Enjoy the Silence/Depeche Mode
14. Soweto Baby(Feat. Wizkid & DJ Buckz)/DJ Maphorisa
15. Barely Legal/The Strokes
16. Staring At the Sun/TV on the Radio
17. ROCKABYE BABY(Feat. ScHoolboy Q)/Joey Bada$$
18. Closing Time/Semisonic

iTunesで『5.26.17 Run with Luke』と検索をすると、確認することができます。

5.26.17 Run with Luke

マラソンにおすすめな「Powerbeats3 Wirelessイヤフォン」とは?

L-3148

1.ワイヤレスだから邪魔にならない

走るときにコードがあると服に絡まったり、外したときに引きずってしまったりと邪魔になりがち。「Powerbeats3 Wirelessイヤフォン」はコードがないからストレスなく走ることができる!

2.汗に強いからマラソンにぴったり

普通のイヤフォンは汗の塩分で断線してしまう恐れがあるけど、「Powerbeats3 Wirelessイヤフォン」は汗や水が中に入らないように作られている&ゴムやパーツが汗に強いから、拭き忘れても劣化しにくい。

3.ワイヤー入りで運動しても外れにくい

イヤーフックがワイヤー入りだから自分の耳の形に合わせることができ、イヤーチップのサイズを選べるから耳の小さい女性にもフィットする。

4.1回の充電で12時間も使える

1回のフル充電で12時間使用できるから1日中音楽を聴いててもOK!もし充電し忘れたとしても、バッテリー切れの状態から5分間充電するだけで1時間使えるから、トレーニング中に音楽を聴くことができます。

5.あらゆる操作をイヤフォンでできる

音量調整や再生&停止だけでなく、次の曲に飛ばしたり、前の曲を聴き直したり、Siriを呼び出すこともできる。さらにマイク機能付きだから、電話をすることだってできるんです!

さっそく、3kmマラソンへLet’s go!

みんな同じタイミングで音楽をかけて、スタート!同じ曲を聴きながら走れば一体感が高まっていつもより頑張れそう。「Powerbeats3 Wirelessイヤフォン」はクリアな音楽を聴くことができるのはもちろん、まわりの音が聴こえるようになっているから会話を楽しみながら走ることもできます。

L-3016

緑の多い公園なら、暑い季節でも快適に走ることができますね。信号待ちがないから自分のペースを乱さずに走れるところも魅力。

L-3099

2km地点でも余裕のルークさん!マラソン部メンバーもまだまだ足取りが軽そう。

L-3121

大角コーチを先頭に帰ってきたルークさん&マラソン部メンバー。3kmのマラソン後も笑顔で手を振ってくれました。

3kmマラソンを終えたみんなの感想

L-3250

「最高だった!共通の趣味を通じて知り合うと、相手のことがよくわかる。これからも、世界中を一緒に走りたいな」(ルークさん)

「サイズ調整ができるから耳の小さい私にもフィットして、マラソン中でも安定していました。左右をつなぐコードを首の後ろにまわせるから、走っているときに邪魔にならなくて良かったです」(沓掛さん)

「イヤフォンについているボタンですべて操作できるから、ジョギング中に音楽プレーヤーを触る必要がなくて楽チン。音量調整や再生&停止はもちろん、曲を飛ばしたり前の曲に戻したり、電話がかかってきたらそのまま通話を始めることもできるから本当に便利です」(兼松さん)

「音楽を聴きながら走ったら、あっという間だった!どんなウエアにも合う、シンプルでスタイリッシュなデザインがおしゃれです」(岩根さん)

「チャック付きのバッグで走ることが多いから有線のイヤフォンだと閉めることができないけど、ワイヤレスはその心配がない!」(長桶さん)

デザイン性が高くおしゃれなBeatsのイヤフォンと一緒なら、マラソンの気分が高まること間違いなし!生演奏を聴いているかのようなクリアな音質だから、フェスやクラブ気分で楽しく走れちゃいそう。マラソンラバーにはもちろん、マラソン未経験Girlにもおすすめです。

Information

Beats公式サイト:https://www.beatsbydre.com/jp

https://www.beatsbydre.com/jp