恋愛世代のリアルを発信。

【梅雨…クッさい!】アラサー女子98%が気にしてる他人のニオイ事情

文・オリ子 — 2017.6.8
みなさんは、電車や会社などで誰かとすれ違ったとき、ニオイが気になったことがありませんか? もちろん、他人だけでなく大切な人も同じ。意外にもニオイは恋愛感情にも大きく影響を与えるんですよね。というわけで、いったいみなさんが他人のニオイに対してどのような意識を持っているかアンケートを取ってみました! 衝撃の結果をご覧ください!

【アンアン総研リサーチ】

あなたのニオイ、周囲を不快にさせてない?

みなさんは、自分のニオイが誰にも迷惑をかけていない自信がありますか? 実は、多くの人が周りの人の何らかなニオイを感じ、不快に思っているようです。ニオイに関する最新アンケート結果をご紹介します!

正直に教えて! 人のニオイが気になったことがありますか

人のにおい
anan総研調べ

anan総研メンバー200人による最新のアンケート結果によると、98%が「身近な人のニオイが気になったことがある、もしくは現在も気にしている」という、ちょっとショッキングな結果になったのです! そう、98%が気になったということは、かなり多くの人のニオイが、誰かに不快な思いをさせているという結果ということになります! では、具体的に他人の何のニオイが気になるのでしょうか。

どんなニオイが一番キツイ……ですか?

1位 体臭

「中学のころに付き合っていた人が、夏になるとクサくなることがわかったので別れました」(27歳・IT関係)
「旦那に加齢臭がすると伝えるとひどく落ち込みしばらく部屋に閉じこもってしまった」(32歳・IT関係)
「知り合いが会社で前の席の人の体臭が酷すぎて、ご飯が食べられず激やせしたそうです」(25歳・事務)

自分では気づきづらいですが、一番周りの人を不快にさせているのが体臭という結果になりました。恋愛にも影響する体臭問題。繊細な問題でもあるので注意するにもできず、かといって職場では席移動も難しく、切実に困っている人も多いようです。

2位 口臭

「会社に口臭がひどい上司がいて、いつも苦痛です。特に会議室でのミーティングとか地獄です」(35歳・事務)
「見た目はすごくかわいいのに口臭がひどい女の子がいました。話すのが苦痛なのでつい距離を置いてしまいました……」(21歳・学生 )

どんなに気をつけても、外周りなどで忙しいとなかなか歯を磨く時間も取ることができないので、意外にも多くの人たちが知らず知らずに発しているニオイが口臭のようです。確かに満員電車、個室での大事な会議など、接近する場所だと周囲の人は辛いですよね。ただ、相手もきっと自分の口臭に気づいていない可能性も高いですし、あなた自身も同じく発している可能性も。一度、ビニール袋に自分の息を貯めて嗅いでみると、自分の息のニオイがわかるらしいので、気になる方は試してみてください。

3位 服

「会社でいつも生乾き臭がする人がいて、その人を注意するためにリーダー(課長)が三人集まって、どう注意するか、誰が注意するかで話し合いが行われたよう。ニオイって、難しいなと思いました」(29歳・マーケティング)

「男子にも大人気のかわいい女の部下がいるのですが、服のニオイが独特で、そばによると、なんとも言えない気持ちになります」(30歳・営業)

洗剤や収納スペース、衣料消臭剤のニオイが染み込みやすい衣類は、当人は気づかないものの、独特のニオイを発していることが多いようです。最近では、良い香りのする柔軟剤や洗濯洗剤も多く出ているので、自分が満足するだけでなく、万人受けする香りを選んで使用したいものですね。

4位 靴

「前の席に座っている会社の先輩が靴を脱ぐと、もわーっと嫌な臭いが漂ってきて仕事に集中できないし、とても不快」(30歳・営業)

靴のニオイ、こればかりは対処方法が難しかったりしますが、おそらく、全世界的な問題でもあるでしょう。消臭スプレーも多く出ているものの、なかなかそれだけではニオイを消すのは難しかったりします。日によって靴を履き替えるなどして、クサさを染みつかせないようにしましょう。また、足の指の間をしっかりと洗うのも効果的だそうですよ。

5位 香水

「新入社員で、美人と評判だった子が、そのうち、香水がキツイ女という噂に。美人なお顔がもったいない……」(32歳・会社員)
「一番恥ずかしいのが、本人が良かれと思っているのに周りを不快にしてる香水の香りだと思う」(30歳・営業)

自分では、オシャレな演出のために使っている香水も、実は誰かを不快にさせている可能性があるのです! あなたはいかがですか? 香水のつけすぎは、お金の無駄使いだけでなく、自分の好感度を落としてしまうリスクもあるのでご注意を!

以上、気になる他人のニオイランキングをご紹介しましたが、みなさんはそれを指摘できますか? この問いには……。

あなたは、相手のニオイを指摘できますか?

におい指摘
anan総研調べ

「本人から『私、臭くない?』と聞かれたけど、正直に言えなかった」(29歳・マーケティング)
「言えない。ノリのいい男子とか、キズつかなさそうな男子ですら指摘できないかも。というか、私もニオッてたりするのかなって思うこともあるので言えない(笑)」(31歳・会社員)

クサいと感じている人が、全体の98%だったのに対して、それを指摘すると答えたのは全体の6%。そう、ほとんどの人がそれを指摘できていないという状況が現実のようです。確かに、相手を不快にさせないよう上手にどう伝えればいいかわからないし、結局伝えられないまま、というケースがほとんどではないでしょうか。

これからの季節に試したい! 消臭グッズをご紹介!

ではどうしたら良いのか……。この世から不快なニオイを消すには、みんなが自分のニオイに対する意識を高めること。そこで、最近私が気になっている、ニオイ対策グッズを試してみたのでご紹介します!

会社の福利厚生でデスクにほしい!?「フンデオ」

FM_フンデオW_AT無し_LOW

フンデオは、上部を踏むだけで消臭・除菌・冷却・マッサージの4役をこなすという、新感覚な足裏スプレーです。ロックをオンにして、踏んでスプレーを使えば、除菌成分IPMPと消臭成分カキタンニンを配合したジェット冷却スプレーがニオイのもとをシャットアウトしてくれ、さらにロックしたままにしておけば、イボイボを踏むことで足のマッサージもできちゃうのだとか。

見た目もなんだか気になるこの商品。まずは消臭スプレーを踏んで使ってみると、冷感のスプレーが足裏をシュッと冷やしてくれ、気分がだいぶすっきりしました! また、スプレー部分をロックして踏むと足のマッサージもできます。使用して思ったのが、これからの季節本当に会社のみんなのデスクの下に置いてほしいということ! 靴が蒸れるので会社に置き靴やスリッパを用意している人も多いと思いますが、デスク下の足の蒸れって不快ですよね。そういう意味でも、ひと踏みでシュッと足がリフレッシュできるこの商品は、会社の福利厚生でみんなのデスクに導入してほしい(笑)。オススメの商品です!

衣服、全身、特に脇のニオイに試したい「ヌーラビオ」

ヌーラビオ

ヌーラビオは、あらかじめ衣類にスプレーしておくことで衣類から発生する体臭だけでなく、ワキガ臭まで抑制してくれるという頼もしい衣類用抗菌消臭スプレー。ニオイ菌自体が持つ忌避反応という性質を利用した抗菌方法により、長時間ニオイ菌を抑制してくれるのだとか。体臭対策というと皮膚に直塗りする対策法も大事ですが、さすがに全身から出る汗には対応できませんよね? というわけで、全身と服のニオイ対策に効果的な消臭スプレーをご紹介します!

まず説明書通り、服を着る前に、若干服が湿るくらい全体にスプレーをかけます。ただ、ここで問題が! 服が湿るので、すぐに着るとちょっと不快な感じに……服を着る直前ではなく、前夜か朝余裕のある時に先にシュッとしておくことをおすすめします(ちなみに、ちゃんとそれも説明書に書いてありました…)。さて、その後乾くのを待って、朝から1日服を着た後、汗をかいてしまった脇のあたりを嗅いでみましたが、確かに特に不快な匂いは感じられず! 自分がワキガかはわかりませんが、いずれにせよその日は緊張の連続で脇汗ビッショりになることがあったので、無臭のままでいられたのはきっとヌーラビオのおかげなはず。これからさらに汗ばむ季節なので、周りへのエチケットとして使用してみてはいかがでしょうか。香りでごまかすタイプではないところもオススメポイントです。

自分のニオイは、気づきづらいということをお忘れなく!

他人のニオイが気になったことがある人は多数いるかと思いますが、自分がニオイを発しているかは意外と自分ではわからないんですよね。周りの人へのエチケットとして、自分自身もしっかりとケアをすることをお忘れなく!

Information

フンデオ
価格:¥997(税込)
URL:http://www.graphico.jp/foot-medi/

ヌーラビオ
価格:¥3,780(税込)
URL:http://www.11kaigofuku.com/part/10_wakiga-w.html


【あわせて読みたい超絶人気記事♪】


【ちょッ…惚れたわ!】男が思わず「ドキッとする」女友達からのLINE
【アレが見えて最悪】男性が映画デートで女性にがっかりするポイント3選
【また同じアレ…】男性が付き合っていてつまらないなと思う彼女の特徴
この手があった!便秘、下腹、体重の変化が!anan総研(PR)

(C)hoozone/Gettyimages
(C)VladimirFLoyd/Gettyimages