恋愛世代のリアルを発信。

【そろそろ決めないと…ひとり】男からクリスマスの誘いを引き出す3つの決め台詞。

2015.11.28 — Page 1/2
クリスマスを独り身で過ごすかもしれないみなさん。安心してください。男性もその恐怖を同じように味わっています。なので、男性に誘わせてクリスマスを機にお付き合いをはじめればいいのです。男性に「誘ってもいい」という隙を見せるテクニックをご紹介しましょう。

【みんなの恋テク】vol.90 文・白武ときお

今年もぼっちクリスマス…と嘆く前に。

クリスマスなんて、い、い、いらないもん!(涙)
クリスマスなんて、い、い、いらないもん!(涙)

クリスマスを独り身で過ごすかもしれないみなさん。安心してください。男性もその恐怖を同じように味わっています。なので、男性に誘わせてクリスマスを機にお付き合いをはじめればいいのです。そのためには気になる男性に「誘ってもいい」という隙を見せて、一緒に過ごしたいと思わせればいいのです。

今回は、男性に「クリスマスを一緒に過ごしたい」と思わせる決め台詞をご紹介したいと思います。

 

誘わせる台詞1
「デートする相手なんかいないよ!」

「クリスマスの予定の話をすれば、恋人がいるかどうかわかるじゃん? まったくそういう男がいなかったら、なんとかアプローチかけて誘いだしたいって思うよね」(28歳・証券)

まず男性とさりげなくクリスマスの予定の話をしてみましょう。その中で「クリスマスは女子会」という話をして、流れで「彼氏なんていない」「デートする人もまったくいない」ということを伝えましょう。

 

誘わせる台詞2
「今年は抜け出したいんだけどね」

「私は準備ば・ん・た・ん。誘って♡」
「私は準備ば・ん・た・ん。誘って♡」

「クリスマスの女子会がおなじみの子が、『もうそろそろ抜け出さなきゃ』とか言ってたら、誘ってアピールだと思って誘いやすい」(27歳・広告)

毎年クリスマスに女子会をしていることを「楽しい! 最高!」なんて開き直っていてはいけません。気になる男性に対しては「今年は抜け出したいんだよね」とエクスキューズを出しましょう。その環境から救い出してくれるヒーローとして男性が登場できるように環境をつくるのです。