恋愛世代のリアルを発信。

【××を少なめに言う】男性が格好つけるために女性につくウソ3選

文・白武ときお — 2017.10.6
男性はすぐに女性に格好つけます。プライドが高いので、常によく思われたくて、見栄をはってしまいがちです。そんな男の格好つけにまんまとだまされて、ダメンズと付き合っていてはいけません。 今回は、男性が格好つけるために女性につく嘘をご紹介したいと思います。

【みんなの恋テク】

男性が格好つけるために女性につくウソ

1.彼女いない歴と理由を詐称する

「彼女いない歴が2年を超えても、1年とか嘘をつく。あといない理由も仕事に専念したいとか言っちゃう。モテないのがダサいから」(28歳・証券)

男性は女性にモテないという事実を女性に知られるのが嫌です。なるべくなら自分はモテるというスタンスで、接したいと思っています。彼女いない歴も少なめに深刻するし、理由も自分が意図的に彼女をつくらないスタンスにもっていきます。なので、男性の元カノ話は基本的に印象操作されるものだと思っておきましょう。

2.大きな夢、大きなプロジェクト

「男は大きな夢に向かってたり、今大きなプロジェクトにかかわってたりするのを女の子に語りがち。キテる感がある男は、モテると思ってる」(27歳・貿易)

夢に向かって頑張っていて、向上心があって大きな仕事にかかわっている。男性が語るそんな話には、ふんだんに嘘が盛り込んであります。目の前の女の子に嘘でもすごいと思われたくて「あれ、おれがやったんだ」などと言ってしまうのです。夢を語る男は格好いいですが、疑いもなくすぐ信じるのは危険です。

3.給料、年収、金銭感覚

「男はやっぱり稼いでなんぼ。お金に余裕がある感じを好きな子には演出したい」(26歳・保険)

年収で負けていると、男として負けている気持ちになるのが男性です。男性はお金がないとは思われたくありません。だから、無理してお会計もおごったりします。金遣いが荒いとお金持ちアピールをすることもあります。もし、彼がお金持ちアピールをしても、すぐに信用しないように気をつけましょう。

男性はみんな見栄っ張り

男性は常に見栄を張って大きく見せていると考えていたほうが安全です。ホラはいくらだって吹けます。格好つけの中身スカスカな男の口車に乗せられて、時間を無駄にしている場合ではありません。嘘を見抜けるように、鵜呑みにしないよう注意して行きましょう!


【もっと恋上手に!】

【××って言われると嬉しい】男性が「特別扱いされてる?」と思う瞬間3選
【誰でもいいから…?】男性が酔っ払って連絡してくる心理3選
【毎日アレを送るのはやめて…】男に嫌われる「空気読めないLINE」2つ

あのバングル、実は運気をUPする?! 噂のおしゃれアイテムを調査


(C)KatarzynaBialasiewicz/Gettyimages
(C)feedough/Gettyimage