恋愛世代のリアルを発信。

【わざとアレする!】夏祭りで彼のハートを射止める方法3選

文・白武ときお — 2017.8.9
狙っている彼や付き合いたての彼と思い出をつくるために、行けるものなら無理をしてでも花火大会に行くべきです。彼と非日常を体験することによって、距離感が縮まります。ただ行くだけではなく、胸キュンをさせる技を持っていたほうが良いです。 今回は、夏祭りで彼のハートを射止める方法をご紹介したいと思います。

【みんなの恋テク】

夏祭りで彼のハートを射止める方法

1.足もとがおぼつかない

「浴衣で下駄をはいてる子が、歩き慣れてなさそうで、腕をつかんできたりするのはかわいい。支える口実で相手にも触れられるし」(28歳・証券)

普段はかない下駄で歩いて、歩きづらそうにする。人混みなら余計にしんどい。「ごめんね、慣れてなくって」「ちょっと腕借りるね」と、つかまれると男性のハートを撃ち抜けること間違いなしです。触れたいがために「大丈夫?」と優しいふりして、支えてくれるでしょう。

2.SNSにアップする

「夏祭りにいった様子をおれも見切らせてSNSにアップするってことは、本命なんだろうなって。そこで測れるものがある」(27歳・貿易)

通常、男性はデートの様子をSNSにアップされることに抵抗があります。しかし、お祭りともなればアップしたくなるのもわかるので、抵抗は薄まります。そして、アップすることによって本命として見られているんだなという気持ちが伝わります。彼女はその覚悟なんだなと思えば、男性も向き合わざるをえなくなります。

3.わざとはぐれる

「花火大会とかではぐれたら絶望的な気持ちになる。スマホはあるけど、つながりにくかったりするし。でもドキドキするし思い出にもなる」(26歳・保険)

お祭り中にわざとはぐれてみて、ドラマティックな展開をつくるのもありです。そのイベントを発生させられたら、記憶に残るデートになることでしょう。おっちょこちょいぶりにもかわいげがあるし、ドキドキしたあとにホッとさせ「おれがついてないとダメだな」という気持ちになります。

記憶に残るコトをしましょう

せっかくの夏祭り。普通に行くだけでは、彼の記憶にこびりつく思い出はつくれません。グッと距離を近づけるためにも、普段とは違うフィールドをいかした展開をつくっていくべきです。8月中のお祭り情報をリストアップして、気になる彼を誘い出しましょう!

【もっと恋上手に!】


【彼女気取りかよ…】男が友達に晒した「ドン引き女子LINE」3つ
【アレで呼ぶ】男性が「ヤメてくれ!」と思ってるラブラブ行為3選
【アレに微笑むなよ】男性が言わないけど彼女に小さく嫉妬してる瞬間3選


【経済的でしかも美肌に】「脱毛の悩み」を美容家と街頭インタビュー! – Sponsored
高橋愛さんおすすめの映画は『美女と野獣』とやっぱりアレ!


(C) PeopleImages/Gettyimages
(C) Tomwang112/Gettyimages