恋愛世代のリアルを発信。

【昼顔…願望あり!?】男性に聞いた!「既婚女性に惹かれる瞬間」って?

文・オリ子 — 2017.6.8
「既婚女性はもう恋愛の対象外?」いえいえ、そんなことは全くございません。どうやら、昼と夜の顔を持つ既婚女性にこそ、そそられる男性も多いようなのです。というわけで、男子に直接聞いてみました、どんなときに、既婚女性をオンナとしてみてしまうのか……?

【みんなの恋テク】

結婚しても、オンナとして見られる瞬間ってあるの?

あなたは、結婚してもオンナとして男子から意識されていたいですか? 男子は、アラサーの既婚女性を ”ただのおばさん” として見ているわけではないようです。結婚後のほうが、女性は旦那との関係は恋愛ではなくなり昔感じていたドキドキが味わえなくて、恋愛をしたいと思う場合もあるようですが、どんなときに男性は既婚のアラサー女性をオンナとして意識するのでしょうか。男子の生の声を聞いてみました!

夫の不満を聞いたとき

「LINEで、夫と離婚寸前かとも思える不満と相談が送られてきたとき。なんか、あ~この人は誰のものでもなくなるのかってふと思って、相手を異性として意識した」(37歳・その他)

「夫の不満を聞いたとき。満たされていない感じがソソる」(30歳・会社員)

男性は、もともと男同士の競争を意識する生き物。「一度ほかの男のものになったはずの女性が、そうではなくなるかも」と感じる瞬間があると、その隙を狙って自分のものにしたくなるため、相手をオンナとして意識し出すのかもしれません。また、夫への不満を語るということは、「満たされない人妻」状態ということ。そんな隙がありそうな既婚女性は、男としてのハンター心をくすぐってしまうのではないでしょうか。

大きな相談を、夫でなく自分になぜかしてくるとき

「昔から仲が良かった友達に急に2人での飲みに誘われて、仕事の相談を受けました。よく聞くと、その相談は旦那には話していないとのこと。なぜか俺は旦那より人として頼りにされてるんだと思い、そしたら、男として意識されているのかなって思えたのと同時にお酒の勢いもあって女として見えたことがありました」(29歳・会社員)

男性は、自分だけが頼られている存在であることに満足感を感じる生き物。ましてや、人妻から旦那にはしていない相談を受けるということは、それだけ自分が特別な存在と思われていると勘違いさせてしまっても無理はありません。確かに女としては夫にできない相談ごともありますが、いざというときに断りずらい上司など、あまり勘違いされては困る男性に対しては、”その人だけ” への相談は控えるのがベターかもしれません。

婚活女子にはない、人妻の余裕と色気を感じたとき

「やっぱり単純に人妻は余裕があるから、色気がある。特に子供がいないか、子供がある程度大きくなっていると旦那に満たされてない感じが出ていて、それがいい」(27歳・営業)

「人妻ってエロい感じがするうえに、付き合っても結婚の責任を負わなくてよさそうなのでいい」(26歳・会社員)

”人妻” という響きだけでも色気を感じる男性もいるようですが、人妻だからこそ、あまり責任なく付き合えるのがいいと考えているため、あえて既婚女性に近づく男性もいるようです。日々、恋愛感情が消えてしまった旦那さまに満たされないからといって気軽に若い男の子の誘いに乗ってしまうと、後で痛い思いをするのは自分になってしまうことも!? 節度ある振る舞いを心がけたいものです。

人妻だからと油断は禁物!? 迫ってくる男子には立場をわきまえた振る舞いが無難かも

以上、世の男性からは、人妻といっても十分女性として見られていることがわかりましたね。ただ、人妻でいることは、社会的な立場上、シングル女性よりも責任が伴うということ。結婚していても女として見られたいという気持ちもわかりますが、あまり羽目を外しすぎると後で痛い目に合うのは自分。節度を保ちつつ、結婚後も男子から注目される魅力ある女性でいたいものですね。

【もっと恋上手に!】


【ちょッ…惚れたわ!】男が思わず「ドキッとする」女友達からのLINE
【帰宅時間で変えるのが正解!】男性がデート後に送ってほしいLINE2選
【アレが見えて最悪】男性が映画デートで女性にがっかりするポイント3選
ストレス太りに悩む女子に、的確なアドバイス!(PR)


(C)LucidSurf/Gettyimages
(C)Satyrenko/Gettyimages