恋愛世代のリアルを発信。

【イヤん…アレはダメ?】忙しい男性から「重い」と思われずに付き合う方法

文・白武ときお — 2017.5.11
仕事や趣味に忙しい男性と付き合うのは難しいです。自分のために使える時間が決まっているため、彼女の会いたいという気持ちがつのると「めんどくさい」、エスカレートすれば「重い」と感じてしまいます。 今回は、忙しい男性から「重い」と思われずに付き合う方法をご紹介したいと思います。

【みんなの恋テク】

忙しい男性から「重い」と思われずに付き合う方法

1.連絡を強要しない

「朝晩に連絡とか、女の子のいる飲み会は事前に知らせるとか、そういうルールを設けられるとしんどい。好きにさせてくれって思う」(26歳・広告)

男性は女性から連絡に関するルールをつくられるのがしんどいです。「連絡返してよ」「どこにいるの?」など、状況を把握して自分が安心したいための質問も、回数が多いとストレスになってきます。「女の子のいる飲み会は絶対言ってね」というのも酷です。言ったら機嫌が悪くなるし、たまたま飲み会が重なったら「ほったらかしにされてる」とすねられても辛いので、嘘をつかざるをえなくなります。

2.休みの日を全部奪わない

「休みの日ができたら、家でのんびりしていたいし、家のこともいろいろやりたいのに、彼女サービスを求められると辛い。自分の時間を奪われた感じがする」(28歳・証券)

男性は休みの日の時間を彼女ばっかりに奪われると「嫌だなあ」と思います。休みのスケジュールに「どこどこに行こう」と予定を立てられたら、正直家でごろごろしていたいなあと思っても言えません。自分と彼の会いたい頻度のバランスをとって、デートに行くようにしましょう。

3.疲れないデートを考案する

「家デートならいいけど、毎回どこかに出かけるのはしんどい。ボルダリングで筋肉痛になるとかありえない」(27歳・貿易)

デートのたびに、外デートにでかけて「あそこに行きたい」「ここに行きたい」と彼を連れ回すと、ぐったりします。また、彼に丸投げでどこか連れてってよというのもしんどいです。付き合うカロリーが重いと感じるようになると、付き合い方を考え直してしまうでしょう。家デートなのか、近所でふらっとデートするのか、彼の負担を考えたデート設定が重要です。

自分の描く理想像でなければ新しい恋を

付き合っていくなかで、重さを感じられてしまうといつの日か「もう耐えきれない」と爆発してしまいます。彼が忙しくてかまってくれないという不満があり、それを改善しようとしても難しいでしょう。それならば、もっと暇な男性とデートをしていくべきです。自分が求めるカップルになれるのか、今の彼で自分は満たされるのか、今一度見極めて見ましょう!

【もっと恋上手に!】


【ちょッ…惚れたわ!】男が思わず「ドキッとする」女友達からのLINE
【帰宅時間で変えるのが正解!】男性がデート後に送ってほしいLINE2選
【あぁ、癒される♡】男性が「一緒にいて楽」だと思う女性の特徴3つ
【代謝コントロール】総研ダイエット部始動! PR


(C) m-imagephotography/Gettyimages
(C) Ridofranz/Gettyimages