恋愛世代のリアルを発信。

【うっわぁ、もう無理ッ】男が地味に嫌がる「自滅LINE」3つ

文・三谷真美 — 2017.5.21
出会った頃は「何てLINEを送ろう」、「これを送ったらどう思うかな?」なんて真剣に考えていても、だんだん思ったことをそのまま伝えてしまうようになりますよね。でも実は、そんな雑な気持ちで送るLINEで “ナシ認定” されちゃうことがあるんです。好きな男性に嫌われないように3つのことに注意してください!

【みんなの恋テク】

男性が「かわいくないなぁ」と思うLINEとは?

色味がなく文章のみ

「挨拶もなく、要件を句読点のみで送られると『業者さんですか?』って思っちゃいます。それに男同士では基本使わないので、顔文字や絵文字が届くと “女の子とLINEしている感” が嬉しいです」(29歳・自由業)

わりとLINEが好きな男性だと、顔文字や絵文字のないLINEでは寂しいんだそう。「『俺に興味ないんだな』って思うからデートに誘えない」という意見もありました。やりすぎはNGですが、多少のかわいらしさで女の子感をアピールしちゃいましょう。

定型文ですかー?

「誰にでも当てはまりそうな内容のLINEが届くと、残念な気持ちに。俺との思い出とかを入れてくれるとグッときます」(30歳・商社勤務)

「ほかの男にも送ってるの?」なんて勘ぐってしまう男性もいるんですね。相手の名前を入れたり、この間のアレが…など特別感を出してあげましょう。ちょっとしたことですが、たったそれだけで距離感が近くなれますよ。

不機嫌をアピールしないでください!

「彼女とデートの日程が合わなかった時に、いつもはしない既読スルーとか、突然絵文字なしみたいな不機嫌感をアピールされると面倒になります」(32歳・メーカー勤務)

不機嫌を気づかせたくって、わざと冷たいLINEを送ったりしていませんか? 彼が謝ってくれたりご機嫌を取ろうとしてくれるからって、調子に乗ってはいけません。彼は “面倒くさい” からとりあえず反省しているフリの可能性も。既読スルーや冷たいLINEで不機嫌をアピールするのではなく、きちんと理由を伝えましょう。

喜ばれるLINEを送ろう

男性に喜ばれるLINEとは “かわいらしい”、“わかりやすい”、“ほどよい長さ”、“ポジティブな内容” のこと。せっかく連絡を取るんだから、ちょっとした気づかいで彼に「楽しい」って思ってもらいましょう。

【もっと恋上手に!】


【ちょッ…惚れたわ!】男が思わず「ドキッとする」女友達からのLINE
【帰宅時間で変えるのが正解!】男性がデート後に送ってほしいLINE2選
【あぁ、癒される♡】男性が「一緒にいて楽」だと思う女性の特徴3つ
【代謝コントロール】総研ダイエット部始動! PR


(C) BraunS/Gettyimages
(C) PeopleImages/Gettyimages