恋愛世代のリアルを発信。

【アレを広げないで…】男性が「口説きにくいな」と感じる女性の特徴3つ

文・白武ときお — 2017.4.29
気になる男性からアプローチされるかどうかは、隙にかかっています。モテる女性は、口説かれる隙があるのです。デートを重ねても、口説かせる隙がないといつまでたっても男性はあなたに愛を告げてこないでしょう。 今回は、男性が「口説きにくいな」と感じる女性の特徴をご紹介したいと思います。

【みんなの恋テク】vol. 188

男性が「口説きにくいな」と感じる女性の特徴

1.共通の友達を増やされる

「気になる女の子と共通の友達が多いと、口説きにくいなと思う。失敗したら、その人たちにも伝わるから嫌」(26歳・放送)

職場や同じコミュニティが同じだと、告白して振られたときに気まずいし、振られたという事実が周囲にバレる。そうするとプライドの高い男性は耐えられません。なので、気になる男性とは、共通の友達を増やさない方が良いです。少ないほうが口説きやすい状態と言えます。

2.いつも女の親友がついてくる

「好きな女の子をご飯に誘っても、いつも親友の子がついてくるから嫌。どこ行くにも一緒だし、2人で行こうっていうのも野暮な感じがするし」(28歳・証券)

何をするにも一緒にいる親友の女友達と行動している女性は、口説きにくいと思われてしまいます。「そこはいつもセットなんだね」という感じでいられると、2人きりのデートを誘いづらいと思ってしまいます。また、この2人の間でさんざんネタにされるんだろうなというもも予想がつき、マイナスイメージです。

3.「次こそは結婚してくれる人」という圧

「次付き合う人は結婚してくれる人なんて言ってる女の子を口説こうなんて思わない。プレッシャーが凄すぎて誰も手を出さないと思う」(27歳・貿易)

結婚する覚悟がついている男性なんていません。それなのに付き合う前から「次に付き合う人は結婚を考えてる」なんて言われても、踏み出せるわけがありません。結婚のプレッシャーを先に提示しても、良い男性との出会いを逃してしまうので言わない方が得策です。

告白しやすい環境作りを!

男性に「おれでももしかしたら付き合えそう」と思わせないと、誰も相手にしてくれなくなります。口説きにくさを感じられたら、せっかくご飯デートにこぎつけても水の泡です。男性目線になって、告白しやすい環境に持っていける女性がモテ続けるのです。今一度、自分の環境を見直してみましょう!


(C) PeopleImages/Gettyimages
(C) monkeybusinessimages/Gettyimages

【もっと恋上手に!】

【ガーン!】男性が「俺は対象外なんだな」と口説いてこなくなる言動3つ
【ネイル、剥げてるし】男性が「幸薄そう」と敬遠しがちな女子の特徴3つ
【超戦慄…】結婚線から見る「ダメな恋愛」にハマりやすい手相3選