恋愛世代のリアルを発信。

男性が「付き合ったらめんどくさそう」と警戒する女性の特徴

文・白武ときお — 2017.4.20
アラサーの男性は、好きな女性ができてもうかつに付き合おうとはしません。うまく付き合っていけるか、自分の生活をおびやかしやしないか、めんどくさくないかをチェックします。いくらいい感じになっても、付き合いやすそうだと思われないと、どんどんチャンスを失っていきます。 今回は、男性が「付き合ったらめんどくさそう」と警戒する女性の特徴をご紹介したいと思います。

【みんなの恋テク】vol. 185

男性が「付き合ったらめんどくさそう」と警戒する女性の特徴

1.女に厳しい

「ほかの女の子のぶりっことかを指摘して、あんなのに騙される男って本当にバカだよねって言う子は大抵めんどくさいと思う」(28歳・IT)

ほかの女の子の悪口を言っている女性を見ると「他人に厳しいな」と思います。ちやほやされてる女の子に対して言っていれば「自分がちやほやされたいんだろうな」と思って見てしまいます。そういう女性は男に対しても厳しいということを知っています。他人を批評するスタンスより、褒めるスタンスの女性のほうがモテます。

2.前の彼氏との別れかたがひどい

「女の子が、前の彼氏とひどい別れ方した話を聞くと、やめとこって思う。歴史はまた繰り返すと思う」(27歳・広告)

元彼との壮絶エピソードはネタになりますが、気になる男性には言わない方が良いです。自分の武勇伝のように「ケータイを水没させた」「浮気相手に電話をかけた」などを聞くと、「うわあ、絶対やめといたほうがいいな」と思われます。付き合うまでは隠しておくのが良いでしょう。

3.「でも!」「だって!」折れないタイプ

「会話のなかで自分が絶対折れないタイプの女の子は、いくらかわいくても付き合わないようにしてる。口喧嘩になったときとか、しんどい」(26歳・放送)

自分が正しいと思っているタイプの女性は、男性から人気がありません。自分がどれくらい「でも」「だって」と言っているか、我に返ってみましょう。自己主張が強く、折れないと思われると、めんどくさがられて男性から口説かれなくなります。

相手にどう思われているか、どう思われたいかを改めてチェック

恋に必要な「3つのing」、「タイミング」「ハプニング」「フィーリング」で唯一コントロールができるのが「フィーリング」。相手に合わせて「この子、相性が良さそう」と思わせるられるかが大事です。めんどくさそうなんて、警戒されたら、いつまでも男性から声をかけてもらえないでしょう。自分が周りの男性から、どう思われているのか、またどう思われたいのか、今一度定期診断していきましょう。


(C) Tijana87/Gettyimages
(C) BraunS/Gettyimages

【もっと恋上手に!】

【注意! 喜んでいてはいけません】男性が急に連絡してくる理由3選
男性が彼女を「大事にしたい」と感じる瞬間3つ
【超戦慄…】結婚線から見る「ダメな恋愛」にハマりやすい手相3選