恋愛世代のリアルを発信。

男性が彼女に友だちの前で言われたくないこと3選

文・白武ときお — 2017.4.7
彼氏ができたからといって舞い上がってはいけません。女性は恋人をつくってからが勝負。いかに彼の心をつなぎとめておくかが問題なのです。男性が彼女に嫌気が差すシーンはいくつかありますが、彼の友だちの前では特に気をつけるべきです。気がつかないうちに彼のプライドを刺激しやすく、幻滅される引き金がたくさんあります。 今回は、男性が彼女に友だちの前で言われたくないことをご紹介したいと思います。

【みんなの恋テク】vol. 177

男性が彼女に友だちの前で言われたくないこと3選

1.恥ずかしい甘えっぷりエピソード

「おれの友だちの前で彼女が調子にのって、おれを辱めようと甘えっぷりを話したことがあって。それは本当にむかついたなあ」(28歳・証券)

男性は友だちの前では格好つけたい生き物です。彼女が彼の恥ずかしいエピソードを披露するなんて、メンツ丸つぶれ。「2人きりのときはすごい甘えてくるんですよ!」「こないだも喧嘩してたら泣いちゃって」など、その場は盛り上がりますが、彼はいい気はしていないので要注意です。

2.彼氏のだらしなさを指摘

「おれのだらしなさとかを、友だちに言ってるの見たら、おれのこと立ててよって思う。ダメ彼氏みたいにされるのがいや」(27歳・貿易)

「洗濯物がめちゃくちゃたまってて」「冷蔵庫のなか、賞味期限切ればっかり」など、生活のだらしなさを指摘して、ダメ彼氏ぶりを話すのもNGです。彼の友達の前では、彼を立てるべきです。その場のウケよりも、彼氏の評判をあげることが、結果全員得。友達に聞かれても、彼氏のいいところだけを言うようにしましょう。

3.貧乏、低収入

「友達の前で自分のお金の使い方とか、貧乏ぶりを話されるのはきつい。すごい恥をかかされたし、彼女への信頼度が薄まった」(26歳・保険)

彼がいくら貧乏で低収入でも絶対にいじってはいけません。収入の話はとてもセンシティブ。低収入なことは、誰よりも彼が一番気にしています。それをいじられたら、プライドずたずたです。彼女のことが嫌いになる可能性すらあります。

友だちの前では良いことだけを

男性はプライドが高い生き物です。彼の友達と仲良くなってきても、彼の悪口などは言わないと決めておくこと。彼の良いところを友達に伝えていくことで、彼も気分が良くなり、友達からも「いい彼女だね」と言われるようになります。友達の前では、ディスり芸はやめて、太鼓持ちをする姿勢を心がけましょう!

【もっと恋上手に!】

男性が彼女に「パートナーはこの子しかいない」と思う瞬間3つ
男性が「この子は絶対浮気しないな」と思う女性の特徴3つ
【超戦慄…】結婚線から見る「ダメな恋愛」にハマりやすい手相3選