恋愛世代のリアルを発信。

ヘアアレンジで正月太りをなかったことに! ラプンツェル風三つ編みをやってみた! #8

写真・狐塚勇介、文・中村朝紗子 — 2017.1.12
「不器用だから無理!」とセルフヘアアレンジを諦めている女子のために、anan総研とヘアサロン『Euphoria(ユーフォリア)』がコラボレーション。毎週木曜日、ライターあさこ&あいこによる実践を交えながら、誰でもカンタンにできるヘアアレンジをお届けします! これを読めばきっとあなたもひとりでできるもん!

【あさこ&あいこのひとりでできるもん!】vol. 8

憧れのラプンツェルになりたい!

そろそろ、年末年始の暴飲暴食のツケが回ってくる時期。「前よりも顔が丸くなっちゃった…!」と悩んでいる女子も多いのでは…!?

_MG_2608

ほどよいルーズ感がありながら、顔まわりはスッキリ♡

そこで第8回は、人気ヘアサロン『Euphoria SHIBUYA GRANDE』のトップクリエイター・宮川好江さんに、華やかなのに顔まわりをスッキリ見せてくれる、ラプンツェル風三つ編みアレンジを教えてもらいました!

用意するもの

・ナイロンゴム
・アメピン

所要時間

15分程度

難易度

★★★★☆(★4つ)

全プロセスを解説!

1:全体をざっくりと巻いておく。
1:全体をざっくりと巻いておく。
2:頭のハチの上、トップ部分を編み込みする。
2:頭のハチの上、トップ部分を編み込みする。


3:ゴムで結び、編んだ部分を大きく崩す。
3:ゴムで結び、編んだ部分を大きく崩す。
4:耳上サイドの髪をとり、ロープ状に編んでいく。
4:耳上サイドの髪をとり、ロープ状に編んでいく。


5:ロープ編みが頭の中央まで届いたら、3の結び目の下でピンを固定する(反対側も同様に)。
5:ロープ編みが頭の中央まで届いたら、3の結び目の下でピンを固定する(反対側も同様に)。
6:ピンを抑えながら、ロープ状の網目から髪の毛束を少しずつ引き出し、立体感を出す。余った毛先はそのまま下に流してなじませる。
6:ピンを押さえながら、ロープ状の網目から髪の毛束を少しずつ引き出し、立体感を出す。余った毛先はそのまま下に流してなじませる。


7:残った髪を左・中央・右の3つに分けて三つ編みし、ゴムで結ぶ。
7:残った髪を左・中央・右の3つに分けて三つ編みし、ゴムで結ぶ。
8:結び目を抑えながら、毛束を少しずつ引き出してルーズ感を加える。
8:結び目を抑えながら、毛束を少しずつ引き出してルーズ感を加える。(他2つの毛束も同様に)


9:三つ編みした3本を、さらに三つ編みして一つにまとめ、全体のバランスを整える。
9:三つ編みした3本を、さらに三つ編みして一つにまとめ、全体のバランスを整える。
10:できあがり!
10:できあがり!


あさこが証言:アレンジのポイント!

_MG_2541

根元からピンで挟んで、しっかりと固定!

サイドからロープ編みをした髪をピンで固定するときには、編み終わりポイントをしっかり挟み込み、地肌に沿ってピンを滑らせ、しっかりと留めてあげましょう。ここが緩むと編んだ髪にたるみが生じ、顔まわりのスッキリ感が軽減してしまいます。ピンは結び目の下に隠れるので、不安な人は2〜3本使うと安心ですよ。

”ラプンツェル風三つ編みアレンジ”できたもん!

_MG_2597
ななめ前
_MG_2597
ななめ後ろ


サイドの髪を少しだけ顔まわりに残してあげることで、さらに小顔効果がアップします。全体に小さなリボンやお花などをあしらえば、パーティーなどにもピッタリ。憧れのラプンツェルヘアで、冬のオシャレをまだまだ楽しみましょう♡

Information

_MG_2618

教えてくれた宮川さんと。「お揃いヘアになりました♪」

写真左・『Euphoria SHIBUYA GRANDE』 トップクリエイター・宮川好江さん

小顔に見えるカット、簡単にできるヘアアレンジ、外国人風の立体感、透明感のあるおしゃれカラーを得意とし、親しみやすく、なんでも相談できる身近な存在の美容師。ティーンズガーリーから30代大人かわいいコンサバ系まで幅広く対応できます。ホットペッパービューティースタイルランキング全国1位。

Euphoria
http://www.euphoria.jp/