恋愛世代のリアルを発信。

香港新発見離島トリップで心と体を解放!

2016.9.14
日常を忘れてひたすらリラックスしたい。そんな時は香港最大の島・ランタオ島へ足を延ばして。西洋のビーチタウンを思わせるディスカバリーベイや長沙ビーチでリゾート気分の食事もよし、大澳(タイオー)や梅窩(ムイオー)のひなびた町の散策もよし。中心部からも意外と近く、半日あればリフレッシュ完了!

香港政府観光局では、ananとコラボした「おすすめクチコミつき 香港 注目エリアガイド」を掲載中。
http://www.discoverhongkong.com/jp/promotions/anan/

image

ランタオ島へのアクセス

梅窩、ディスカバリーベイへは中環埠頭からフェリー。長沙ビーチと大澳へは梅窩かランタオ島の中心地・東涌(トンチョン)からバスが便利(東涌へは香港駅からMTRで約35分)。大仏へは東涌からロープウェイ利用も可能。

image

ここはハワイ!? と錯覚するような白い砂浜の長沙ビーチ。ビーチサイドにはおしゃれなレストランも。「香港一好きなビーチ。時には水牛の姿も…。」(甲斐美也子さん)

image

水上で生活する人々の姿や運河を行く船など、昔ながらの漁村の風景が今も残る島西部の集落、大澳。

image

ディスカバリーベイ『Koh Tomyums』のヤムソムオー(HK$112)とライムジュース(HK$45)。

image

大きなジャグは『THE BEACH HOUSE』のモヒート(HK$200/1.5ℓ)。ミントは雑味のない葉の部分だけを使う。

image

海産物を売る店をひやかしながら散歩したい大澳の町。ここに来たらぜひおみやげにしたいのが名産のエビ醤。

image

ランタオ島の象徴にして世界最大の屋外座仏、天壇大仏。台座の下には268段の階段が! 挑戦してみる?「見るだけでパワーをもらえる島のシンボル。」(田村昌裕さん)

image

「牛注意」の看板もあるほど、島内ではいたるところで野良牛に遭遇。どの牛さんもフレンドリーで穏やかです。

image

蒸したてあつあつ、梅窩『順發海鮮茶樓』の手作り点心。自分でセイロのふたをぱかぱか開けて品定め。

image

大澳のみやげもの通り。こんなキッチュなスーベニールに魅かれるのも、のんびりゆる〜い離島マジック?


香港の地ビールやモヒートで海に乾杯。

image
THE BEACH HOUSE 
ザ・ビーチ・ハウス

長沙ビーチ沿いにあるカフェレストラン。砂浜に面したテラスは、海水浴の合間に食事やお酒を楽しむ人で賑わう。おすすめは特大のフィッシュ&チップス(HK$158)。店で人気の香港産のクラフトビールを加えた衣はサクサク、中はふっくら。

☎852・2504・4788 
11:30〜21:30 月・火曜休 カード可。
大嶼山長沙下灘32號


お目当ては口どけのよい手作り腸粉。

image
順發海鮮茶樓 
ションファッホイシンチャラウ

梅窩のフードコート内にあるローカル食堂。30種ほど揃う点心はすべて手作り。特にチャーシュー入り腸粉(HK$22)は舌の上でとろけるぷるぷるの食感がたまらない。もう一つの人気料理、島の名産ハムユー(干し魚)を入れた炒飯は11時から。

☎852・2984・7260 
6:30〜15:30 不定休 英語不可。
梅窩熟食市場C6、C8檔


ディスカバリーベイの人気タイ料理店。

image
Koh Tomyums 
コー・トムヤムズ

香港におけるタイ料理の草分けの一人、グレッグさんの店。料理は各地の郷土料理を中心に。例えばソムタムは中央タイ風か北部風から選べ、その本格的な味を求めてフェリーで食べに来る人も多い。大きな窓からビーチを眺めつつ味わえば気分はリゾート。

☎852・2987・0767 
12:00〜23:00 無休 カード可。
愉景灣D’Deck1樓105B號舖


香港政府観光局では、ananとコラボした「おすすめクチコミつき 香港 注目エリアガイド」を掲載中。
http://www.discoverhongkong.com/jp/promotions/anan/