男子禁制女子トーク!

セックステクニックvol.6【上からマリコ??】胸キュン不可避の“愛しさ倍増キス”。

「顎クイ」や「壁ドン」など、男性から迫られる感じがたまらないシチュエーションが女性の間で旋風を巻き起こしたことは記憶に新しいですよね。女性は成す術もなく男性に身を任せてしまう……確かにドキドキしてしまいますが、それに次ぐといっても過言ではない胸キュンシチュエーションがあります。その名も「シーソーキス」。今夜は、この「シーソーキス」について解説します。

藤田佳奈美 夏もそろそろ終わりに近づいていますが、その前に最高の夏の思い出を彼とつくってみませんか? ここでは、幸せを感じられるセックスができるよう8月31日まで毎日1本テクニックを伝授いたします。


【真夏のセックステクニック31】vol.6 監修・LCラブコスメティック イラスト、文・藤田佳奈美

 

第6夜の今日のテーマは・・・
『彼への愛情が増幅するキス』

「顎クイ」や「壁ドン」など、男性から迫られる感じがたまらないシチュエーションが女性の間で旋風を巻き起こしたことは記憶に新しいですよね。女性は成す術もなく男性に身を任せてしまう……確かにドキドキしてしまいますが、それに次ぐといっても過言ではない胸キュンシチュエーションがあります。

その名も「シーソーキス」。これはどちらかというと女性優位のシチュエーションで、否が応でも母性本能が発揮され、男性のことがかわいくて仕方がないという気持ちになります。男性から迫られるのもいいですが、シーソーキスで女性から男性を包み込むのもいいものです。

 

早速、試してみましょう!

シーソーキスって?

藤田佳奈美そもそもシーソーキスとは、女性が男性よりも高い位置から見下ろす感じでキスをしたり、女性が男性よりも低い位置につき見上げるようにキスをしたりする、ポジションの上下移動があるキスのこと。後者は男女の身長差もあって普段しているキスとそう変わりはないと思いますが、前者はあまりしたことがない人も多いのではないでしょうか。実はこれが母性本能をくすぐるキスなんです。彼よりも高い位置につくには次の通り。

1 膝をついて…
彼がベッド(またはソファー)に腰かけている状態で、女性はベッドの上に乗り膝をつきます。これで自分の胸に彼の顔がくるぐらいの高さになるはずです。そして彼の顔や背中に手を当てたり、肩を抑えたりして、彼が動けないように軽く固定し、抱きしめてください。これでポジション取りは成功です。

2 彼の唇を奪って…
彼よりも高い位置にいることで、主導権はアナタのもの。彼の自由を奪ったアナタは、いつもより大胆になれるはずです。体勢としてはまさにAKBの名曲“上からマリコ”状態! 積極的に彼の唇を奪いにいってください。舌先で彼の唇を舐めたり、じらしたり、甘噛みしたり、強弱の付け方も上にいるアナタ次第。下にいる彼はアナタの唇を求めて乞うほかないため、その姿はとてもいじらしく、そして母性本能をくすぐることでしょう。

3 ポジション交代して…
女性主導のキスを堪能した後は、ポジション交代します。立てていた膝を崩して、ゆっくり彼の元へ降りていき、同じ高さで対等なキスをしましょう。そして、完全に座り込んで彼よりも低い位置へ移動し、今度は彼が責めるターン。男性のリードに従います。彼の反撃で征服される喜びも味わえることでしょう。

 

自分の胸元に彼の頭があると、ギュッと抱きしめたくなる……それが母性本能です。ベッドやソファーだけでなく、階段の段差を利用してシーソーキスすることで、愛情が溢れ出すこと間違いなし。たまには彼のカワイイ側面を見ながら盛り上がってみては?


 
その他のテクニックは下記まとめからご覧いただけます。
【真夏のセックステクニック31】まとめ
http://ananweb.jp/night/sextechnique/
 


Information

女性のセクシーパーツである唇。キスのとき、血色を良く見せるために色つきリップを塗ってウルウルの唇にしている女性は多いと思います。でも、いざキスするとベタベタ感があったり、口紅特有のニオイがきつかったり、男性からの評判はイマイチ……。

そんな時にお試ししてほしいのが、LCラブコスメティックのラブコスメ『Nule Nule』。キスした瞬間とろける甘い香りと、男性を欲情させる成分「オスモフェリン」を配合したキス専用美容液です。ぷるぷるの唇を実現するのに、全くべたつかないので、見た目も触感も最高。

英マンチェスター大学の調査(2010年)によると、男性は何もしていない唇は2.2秒、リップメイクしている唇は7秒見つめているのだとか。コレを使うことで、男性の視線を独り占めできるばかりか、男性も不快感なくウルウルの唇にキスできます。キスのときのリップメイク問題は、これで解決ですね♪