男子禁制女子トーク!

アラサー既婚女子の半数は抱かれていない…!? リアルな夫婦の営み事情

文・オリ子 —
夫婦はセックスレスになってしまう可能性が高いというデータもありますが、実際にanan世代の夫婦はどのくらいの頻度でセックスしているのでしょうか。女性は30代から性欲が高まるなんて聞きますし、20代から30代にかけては、お盛んかと思いきや……? ちょっとびっくりな結婚後のリアルなセックス回数と生の声をこっそり紹介します。

【総研ラブレポート】

リアルなanan世代夫婦のセックス頻度は?

こっそり教えて。旦那さまとどれくらいの頻度でセックスしますか?

anan総研調べ

なんと、anan世代夫婦の約半数が1年に1回、もしくはそれ以下の頻度で、セックス自体と無縁となりつつあり、セックスレス状態になってしまうケースもあるという結果になりました。毎日当たり前にそばにいる相手だからこそ、必然的に異性としての意識が減ってしまい、結果セックスの回数が減ってしまうのでしょうか。

みなさん、セックス回数が減ることへの対処、何かしてますか?

子供がいるので……なかなか難しいのが実情

「まだ子供がうまれたばかりなので、そのうち改善したいともっています(笑)。旦那はいつでもといった感じですが、私にまだそのスイッチが入らない感じです」(32歳・事務)
「お互い思いやってはいますが、子供の世話と仕事、家事に追われてそれどころじゃないというのが現実です」(31歳・事務)

最近は共働きが当たり前で、女性への負担は家事に、仕事にと、どんどん増していくばかり。それにプラスして育児となると、旦那さまと2人っきりでゆっくり過ごせる時間もなかなか取れず、心の余裕もどこかにいってしまいますよね。また、親がそばにいれば気軽に子供を預けたりできますが、核家族も多く、保育所への送り迎えだけでもかなりの負担になってしまいます。セックスレス対策には、心の余裕がもてる生活環境も大切なのかもしれません。

エッチな目的ではなく、ただ子作りのため増やしてます

「子供を生むという目的があるので、増えはしています」(34歳・事務)
「子作りのため、旦那に協力して増やしてもらっています」(32歳・その他)

結婚する平均年齢が上がっていると言われていますが、すると必然的に女性は自分の出産のタイムリミットを意識してしまい、「結婚後すぐに妊活をスタート」という夫婦も多いようです。ただ、一度タイミングを合わせた「妊活」としてセックスをスタートすると、「セックス=子作りのため」とお互いの意識が変わっていくため、出産後セックスを再開することがなかなか難しいケースもあるようです。

妊活もばれないように!? 月1回などと決めて妻からアクションを起こす

「月1回など、やる日を決めるようにしている」(32歳・事務)
「子供は欲しいけど、あからさまな妊活だと旦那が萎えちゃいそうなので、自然に私から誘って妊娠を狙ってます。なかなかできないですが……」(33歳・営業)
「何もしないとおじいちゃんおばあちゃんみたいな夫婦になってしまいそうなので、月数回は、お互いが男と女であることを意識できるように、お恥ずかしながら私のほうから誘うこともあります。また、子作りも意識していますが、旦那には『今日が排卵日だからしたい』というと嫌がられる気がして、上手に誘うように毎回努力しています」(29歳・その他)

あえて「妊活に協力して」といわずに、女性から誘ってセックスに繋げる、妊活に繋げる、という努力をしている女性もいるようです。確かに、男性からしても「今日排卵日だからセックスして!」と奥さんにいわれたら、ちょっとセックスが ”仕事” のように思えてしまうかもしれませんよね。女性が毎回旦那さんに知られないように努力して誘っているというのもなんだか大変な気がしますが、このほうが出産後もセックスレスに陥らず、いい関係を続けやすくなるのかもしれません。

夫婦のセックスはライフスタイルに合わせて。意識し過ぎは禁物

anan世代夫婦はセックス回数が意外にも少ないという結果となりましたが、みなさんはどう思いますか? これから結婚する方は、「セックスレスになるのは、高齢になってから」と思っている人も多いかと思いますが、想像以上に多くの夫婦のセックス回数が、結婚後減ってしまうのが現状のようです。とはいえ、夫婦として歩んでいく以上、恋人同士時代のイメージにとらわれず、一生一緒に寄り添うパートナーとして肉体関係なしに支え合える関係というのも素敵な気もします。みなさんはどんな夫婦を目指したいですか?



#恋愛 記事をもっと読む。
#セックス について、さらに覗いてみる♡

【恐怖! 年々目立つ…】毛穴、たるみ、くすみ。肌トラブル対策を教えて!

(C)LightFieldStudios/Gettyimages
(C)Petar Chernaev/Gettyimages
(C)nd3000/Gettyimages