男子禁制女子トーク!

【AV観すぎだろっ!】男性必見! 女性がドン引きする俺さまSEX

文・紫深(sisin) —
普段は温厚なのに、夜はグイグイ責めてくる彼。「でも、ちょっと待って…!」そこまで責められたら困惑しちゃうというボーダーラインをリサーチしてまいりました。

【総研ラブレポート】

こんな “責め” は好き! ムラっとする彼の性癖

SEX中に、責められるのが好きと回答する女性は58%。具体的には、どんな責め方がお興奮するのでしょうか……?

「固定されたり、言葉責め、噛まれたり…。首を絞められるのも嫌いじゃない」(29歳・その他)
「いつも温和な彼が、エッチの時だけ言葉責めするのは好きです…。それも罵倒系じゃなくて、『気持ちいいの?』とか『ちゃんと言わなきゃわからないよ?』みたいなほうです」(21歳・学生)
「言葉責めとか、焦らされるのは好き」(28歳・自由業)
「上で手を束ねられる」(19歳・学生)

体を動けないように固定されながら、言葉責めが王道回答なようです。

こっから先はNG。やりすぎ責めとは?

ここまで来ると、もはやプレイではないっ!と感じる内容がこちら。

「叩く、噛む、痛いのは本当にだめです」(23歳・マーケティング,広告)
「気持ちよくない、自己完結なプレイ」(30歳・自営業)
「罵倒系の言葉責め。雌豚とか淫乱とか言われても、正直興奮しません…」(21歳・学生)
「命令形はいや」(28歳・自由業)

興味深い回答のひとつに、“自己完結なプレイ” というものがありました。男性は、好きな女性を自分のテリトリー内に収めたいという本能があるため、支配欲を満たすためにもSEXの責めはある程度必要です。しかし、「相手のことを考えずに、ただ自分がしたいからする」という部分が、受け取る側の拒否ラインなのかもしれません。

ボーダーラインを超えた時の3つの本音

もっと私のこと考えてよ! と沸点に達した時に、女性陣はなんて思っているのでしょうか?

<第3位>イラっとする 19%

「気持ちよくしてやっていると思って、自信満々でやっているのかもしれないけれど、全然気持ちよくないしダサいし、俺様な自分に溺れてるのかな? と腹が立つ」(22歳・学生)
「上から目線の責めは。イラっとする」(28歳・自由業)

<第2位>怖くなる 30%

「どんどんエスカレートしていきそうだから」(22歳・営業職)
「力では、相手の男性に敵わないから」(21歳・学生)

<第1位>引く 46%

「この人、AVの見過ぎなのでは…?と引く」(28歳。事務職)
「なんかやりすぎだと思うと、冷めてしまうからです」(30歳・自由業)

大きくわけて、この3つの意見が明確になりました。ムードを楽しんでいたのにも関わらず、ある一定ラインを超えると、気持ちがサーっと減退してしまうようです。

マッチングが合う “責め” は心地よい♡

責められる内容は、個々によって限度はあるものの、お互いの領域がマッチしていると「興奮する」と「ドキドキ」が得られるという意見が多数。ちょっとやりすぎじゃない? と感じるプレイは、我慢せずにパートナーに伝えることで、負荷をかけていたことに気づくかもしれません。悪気なくエスカレートしている彼に、ボーダーラインを教えてあげてくださいね!


【イマドキ女子の関心ゴト♪】

【イチャイチャから…♡】女性200人の性白書! ゴムなしSEXの実態!
【女性200人の赤裸々告白♡】 やめられない!? 今ドキ不倫&浮気事情


【経済的でしかも美肌に】「脱毛の悩み」を美容家と街頭インタビュー! – Sponsored
高橋愛さんおすすめの映画は『美女と野獣』とやっぱりアレ!


(C)vadimguzhva/Gettyimages
(C)vadimguzhva/Gettyimages
(C)megaflopp/Gettyimages