男子禁制女子トーク!

【僕のアレにぴったり】“思わず笑った & 引いた言葉責め” を調査してみた!

— Page 1/2
愛し合う二人の夜は、さぞかし甘い言葉がささやかれていることでしょう。でも、それだけではなく、思わず笑ってしまったり、引いてしまうような残念な言葉もたくさん生まれているはず? そこで、総研メンバーに、実際言われたことのある残念な言葉責めを調査してみました!

【総研ラブレポート】vol.56 文・大原絵理香

愛の “珍” ささやきを教えて!

女「興ざめだわ~」男「Why? 急にどうしたんだい?」
女「興ざめだわ~」男「Why? 急にどうしたんだい?」

愛する男女、2人だけの空間。そこでは、数々の甘く胸キュンな言葉が生まれていることでしょう。でも、それだけではなく、思わず笑ってしまったり、引いてしまうような残念な言葉もたくさん生まれているはず? そこで、20~30代女子の集まる総研メンバーに、実際言われたことのある残念な言葉責めを調査してみました!

その言葉で、ドン引きです!

 

Q1. エッチ中、言葉責めで笑ってしまったり、ひいてしまったことはありますか?

anan総研調べ
anan総研調べ

総研メンバーのお相手は、みんな優秀なよう。でも25%の方は、エッチの時に残念な思い出があるようです。はいと答えた方に、具体的にどんなことを言われたのか聞いてみたところ、たくさんの残念な言葉責めが出てきました。

「(貧乳のわたしに向かって)『おっぱい大好き!』と言われ、嫌味かと思った」(30歳・IT関連)
「俺のが欲しいの?としつこく何度も言われ、めんどくさかった。別にそんなに欲しくない!」(28歳・その他)
「今までの人より気持ちいい?と聞かれ、脳内で過去の彼氏たちと本気で比較してしまい、気が散ってしまった」(23歳・学生)
「わたしはいまいちだと思っていたのに、『僕たち相性いいよね!』と言われて、微妙な気持ちになった」(29歳・自由業)

かなり残念な思い出がたくさん。男性からしたら盛り上げようとして言っているのだと思いますが、一歩間違えると男の株を下げかねない、博打のような行為なのかも。

逆に女子側が相手に喜んでもらおうとして、リップサービスをした結果失敗したケースもあるのか、聞いてみました。