男子禁制女子トーク!

ハダカのコクハク【Epi11-2】「普通じゃないセフレ」

— Page 1/3
11人目の告白者は、厳格な家庭で育ったというチカさん。上京してすぐにアブない初体験を済ませた後は、のめり込むようにセックスにハマってしまったようです。セックスをより楽しむ秘訣とは?

ハダカのコクハク【Epi11】

「セックスはスポーツです!」

■ハダカになる人
チカさん(仮名)

■データ
・年齢 25歳
・職業 会社員
・彼氏 無
・初体験 18歳
・経験人数 24人
・H回数 月3回
・好きな体位  バック
・苦手な体位  座位


地方から上京して7年目のチカさん。地元でそこそこ有名な“立派な”親の元に生まれ、学生時代は勉強一筋。門限も厳しく外泊は禁止。もちろん恋愛やセックスの話なんてタブーな、厳格な家庭で育ちました。ルックスは、女子サッカーの澤穂希選手似。裏表のないサバサバ女子に見えるのですが……。親には絶対見せられない、裏の顔がすごすぎました。

 

【Epi11-2】
普通じゃないセフレ

初体験を済ませた後は「これで、いっぱいシまくれるぞ!」と意気揚々としていました。

次にセックスをしたのは、ナンパで知り合った30歳のタカシ。初体験は「ナマ」というリスクを負ったくせに、次からは「ナンパをしてくる男は病気を持っているかもしれない」と慎重になりました。

しかし、タカシは大手企業の名刺を出してきたし、「お茶しよう」という言葉通り、初日は本当にお茶だけだったので、信用しても大丈夫だろうと。

タカシとは4年間セフレの関係でした。とはいえ、タカシは普通のセックスはしません。誰かに見られながらじゃないと興奮できない人で、初体験したての私をアブノーマルな世界へ引き込んだのです。

「面白いところへ行こう」

車で暗い山道を進むタカシ。「このまま山奥に捨てられるかも」という不安な気持ちと、興味深々な気持ちとが入りまじっていました。

連れて行かれたのは、夜景が見渡せる夜の公園。「ほら」とタカシが指差す方向を見ると、一組のカップルが夜景をバックにセックスをしていました。人のセックスを見るのは始めてだったので「すっすごい……」とクギづけに。

「じゃ、俺たちも始めますか」と、タカシもわざとカップルから見える位置で、私のショーツをするりとおろして……バックからIN。人のセックスを見ていたので、私のあそこはすでにビチョビチョでした。

少しすると……木陰から「はあはあ」と興奮した男性の声が聞こえてきました。それを聞いたタカシは、声のする方向に向かって、私のお尻を突きだす格好にし、またを大きく開いて性器を見せつけるようにしました。

「誰かに見られているんだ」と思えば思うほどすっごく興奮して、腰が砕けそうになり愛液が足首まで流れて行ったのを覚えています。人生2回目のセックスは、痴漢に見られながらでした。

【次のページ】セックスって暇つぶし?