男子禁制女子トーク!

ハダカのコクハク【Epi10-3】「セックスレスでプロポーズ」

— Page 1/3
普通の女の子のセキララは告白が人気の「ハダカのコクハク」。今回は、悩みを抱えている方も多い、“セックスレス”について。自分がしたくないレスと、カレがしたくないレスを経験したリリさん。そもそも、セックスレスに陥ってしまう原因とは?

ハダカのコクハク【Epi10】

「妙にオトナな理由」

■ハダカになる人
リリさん(仮名)

■データ
・年齢 28歳
・職業 会社員
・彼氏 有
・初体験 14歳
・経験人数 30人くらい?
・H回数 2か月レスです
・好きな体位  相手による
・苦手な体位  バック


「ハーフと間違えられる」というリリさん。彫りの深い外国人のような顔立ちは、モデルをしていたという母親譲り。50歳の母親は、最近4回目の結婚をしたんだとか。母親の口グセは「誰が運命の人かなんて分からないんだから、チャンスがあればイクべき!」。そんな恋にアグレッシブな母親の元で育つと、どんな人生が待っているのでしょう? 真面目でイチズそうに見える、リリさんのコクハクです。

 

【Epi10-3】
セックスレスなのに、プロポーズ

一番長く続いたのが、5歳年上のJ。19歳から6年間つき合いました。飲食店で声をかけてきたJは、ジャニーズ所属って言われても信じちゃうくらいカッコよかった。つき合ってすぐに私がJの家に入り浸って、いつの間にか同棲を始めていました。お互いに、いずれ結婚するだろうって意思もあったので、つき合って1年くらいしたころにお互いの親に挨拶をしました。

6年つき合って、やっとプロポーズされた! でも、私は即答ができませんでした。なぜなら、セックスレスだったから……。

そもそもJとは、体の相性が良くなかったんです。あれこれ超うるさいし!

「女のコはあそこをキレイにしていないといけないよ」と言われ、セックスの前は必ずお風呂に入ることを強要されました。しかも、毎日一緒にお風呂に入って、彼にあそこを洗われるんです。初めは嬉しかったけれど、毎回毎回、お風呂で洗われていると、私は汚いもののような気持ちに。

生活パターンがいつも一緒なのもイヤでした。仕事が終わって家に帰る、ご飯を食べる、お風呂に入る、ベッドに入る。電気を消したらセックス。終わったら寝るという日々。セックスのやり方も毎回同じなので、うんざり……。

わざわざ外で待ち合わせしてみたり、キャバクラごっこをしたりと、マンネリを打破するように頑張りました。でもそれも限界で、Jとのセックスを避けるため、「疲れているから」とお風呂に入らず寝たり、仕事が終わると漫画喫茶で時間をつぶしたりするように。

【次のページ】セックスレスの原因