男子禁制女子トーク!

【イ、イターッ!】挿入時「濡れてるのに痛い」を劇的に改善させるテク|女は心で濡れる #41

文・紫深(sisin) —
気持ちも高まって濡れているはずなのに、なぜか痛い。 そんな状態になったら、“濡れ” には2種類あることを考えてみましょう。

【女は心で濡れる】vol. 41

「今日の濡れ方、いつもと違う…」

sisin (1)

「女は心で濡れる」と言う合言葉に、官能エッセイスト紫深(sisin)がお送りするSEXコラムです。第41回目は、女性が濡れるというのは「中」と「外」があることをご紹介したいと思います。

外濡れ、中濡れの違いって?

女性は気持ちが高ぶってくると、ヌルヌルとした愛液がでてくると思います。濡れやすい女性なら、キスやハグの段階でじんわり湿る方も多いのではないでしょうか。
そこで、着目したいのは、外濡れと中濡れの違いです。「I」ラインに指を這わせた時に、ヌルッとする状態が外濡れ。

いっぽうで、前戯をたっぷりとしたのちに身体の芯から快楽を感じた時は、指を深く入れた時も中がちゃんと濡れている状態になっていると思います。この “濡れ方の違い” を少しだけ意識すると、SEXの質がさらに向上するかもしれません。

クンニで濡らしていても…

今まで外濡れと中濡れを感じたことがない!という方は、クリトリスを触られたりクンニをされたりした時のことを思い出してみてください。なかに指や男性器を入れる前の段階で、表面から愛撫されると薄っすら濡れるアノ感じです。

男性側も、「あ、ちゃんと濡れてるね」と確認できるので、女性の体が準備満タンだと思い込んでしまうケースがありますが、舐めた時の唾液が混じって、女性自身からでていない “濡れ方” の場合は注意が必要です。

意図的に濡らした外濡れは、乾燥しやすく粘り気も少ないため、本当に挿入準備ができているとは限りません。

痛いと感じるなら、濡れが浅い

上記のように、外濡れだけで中までしっかり濡れていない場合に、起こる現象は「挿入時の痛み」です。指での愛撫も同じ原理で、指を中までいれてGスポット側に曲げた時に痛みを感じるなら、濡れが足りない証拠。

指で痛みを感じるならば、男性器の挿入はさらに顕著に現れることでしょう。「濡れてるはずなんだけど、なぜか痛い…。」そんな壁にぶち当たった時には、挿入角度を気にするより濡れ度をUPさせる方が改善されると思います。

スローセックスを心がけて

濡れが浅くなる原因は、SEXのスピード化が主な問題点だと筆者は感じます。前戯にかける時間を伸ばし、今一度挿入までのプロセスを丁寧に見直してみてください。気持ちが先走って、「早くイク」ことだけにフォーカスしてしまうと、女性は体がついてこられずに濡れが不十分になります。ゆっくり濡れの段階をあげてから、挿入してみましょう。きっと、痛みが和らぐと思いますよ♡


【女は心で濡れる、はじめから♡】
【セックス診断♡】#1 食事で彼のエッチスタイルがわかるポイント2つ。女は心で濡れる
【ムラムラさせちゃう♡】#2 男性の興奮スイッチを押す仕草2つ。女は心で濡れる
【ちょッ…惚れたわ!】男が思わず「ドキッとする」女友達からのLINE



(C) 4FR/Gettyimages
(C) KeithFLS/Gettyimages
(C) KatarzynaBialasiewicz/Gettyimages
(C) KatarzynaBialasiewicz/Gettyimages