男子禁制女子トーク!

「何が欲しいか言ってごらん?」ドS彼の回答に困ったときの模範回答|女は心で濡れる #32

文・紫深(sisin) —
いつもは優しいのに、エッチになると急に攻めてくる彼。恥ずかしいけど言葉にしないと、不満そう。 なんて答えたら、彼は満足してくれるのでしょうか。

【女は心で濡れる】vol. 32

「俺の質問に答えられないの?」

sisin (1)

「女は心で濡れる」と言う合言葉に、官能エッセイスト紫深(sisin)がお送りするSEXコラムです。第32回目は、言葉責めをしてくるドエス男性への対処法について考えます。

彼女に、あえて言わせたい心理

そもそも言葉攻めをしてくる男性の特徴を分析してみると、相手の気持ちがわからないから回答を教えてほしい!という質問ではないように感じます。そう、答えはすでにわかっているのです。「ここを攻めたら、気持ちが良いだろう」「ここで焦らしたら、もっと濡れるはず」。

Sな男性は、自分が理解して相手の気持ちを把握し、支配している状態に満足感を覚えます。そして、自分が思った通りの言葉が返ってくると、「俺の手の中に収まったオンナ」と独占できた気分になるのです。

1回で答えを言わないのがマストルール

「そうか、だからあえて言葉にして欲しいのね!」と理解ができたところで、聞かれた質問をストレートに返してはNG。ポイントは照れながら悶える仕草と、恥ずかしそうに最後まで言えないあなたの顔にあると言っても過言ではないでしょう。

シーン別の模範解答は、こちら……。

「どこ触って欲しいの?」

前戯の最中に多いこのフレーズ。自分の部位を聞かれたときには、まず数秒の無言時間を置くことが大切です。「………うーん」この間を作れるか作れないかで、彼の満足度が大きく左右されます。

「早く言わないと…!」と触ってほしい部分を言わないことを、まずは覚えましょう。そして無言のあとは、言葉で言うのではなく、触ってほしい部位へ彼の手を持っていくのが正解。彼は、部位の名前を聞きたいわけではありません。あなたの気持ちを確かめているのです。

「何が欲しいか言ってごらん?」

SEXも佳境に入り、挿入ムード。硬くなったモノを擦りながら、挿入を焦らすという行為に出会ったことはありませんか? 割れ目をこするだけで、中には挿れない。「ねえ、すごい濡れてるけど、どうしたの?」なんてトボけたりして。この言葉攻めの際には、無言より効果的なオネガイ方式を取るのが良いでしょう。ここでの模範解答は、「もう我慢できないの」が正解。

しかし、このフレーズを言っても、きっとSな男性はさらに言葉を被せてくる可能性が考えられます。「え? なんて? …だから、何が欲しいか言ったら入れてあげる」などと、自分が納得するまで言葉攻めしてくることでしょう。何度か繰り返したあと、それでも焦らしプレイを続けるようなら、ちょっと涙目になるのもひとつの手です。

Mになりきるから、Sが引き立つ

言葉攻めの男性に出会ったときに、正直そこまで私Mじゃないし! と思った経験はありませんか? 実は私自身も、言われすぎるとちょっと引いてしまうのですが、好きな相手がS男だった場合はMになりきるようにしています。

言葉攻めの掛け合いは、S男にとってなくてはならないもの。彼のSEX満足度を上げるためにも、少しだけM女を演じてみてはいかがでしょう♡


(C) jessicaphoto/Gettyimages
(C) eaniton/Gettyimages
(C) sakkmesterke/Gettyimages


【女は心で濡れる、はじめから♡】
【セックス診断♡】#1 食事で彼のエッチスタイルがわかるポイント2つ。女は心で濡れる
【ムラムラさせちゃう♡】#2 男性の興奮スイッチを押す仕草2つ。女は心で濡れる
【バック攻めのカレは♡】#3 体位別性格診断とは?女は心で濡れる