男子禁制女子トーク!

秘密の相談室 “上野” へようこそ。vol.2「気のない男からの誘いを断れない」

アドバイザー=ラブホスタッフ・上野さん / イラスト&文=藤田佳奈美 —
Twitterのフォロワー19万人以上のラブホスタッフ上野さんに、今夜も悩みが寄せられました。第2夜は、上手に誘いを断る方法を伝授します!

【秘密の相談室“上野”へようこそ。】vol.2 

 

第2夜の誰にも言えないお悩みは・・・
『気のない男からの誘いを上手に断れない!』

教えて上野さん!

私にその気はないのに……もしかして私、男性にナメられているの?

私にその気はないのに……もしかして私、男性にナメられているの?

「私は気のない男性からの誘いを断るのが下手くそです。明らさまにアプローチされた時はハッキリと断れるのですが、“なんとなく私に気があるかもしれない” 程度の男性からの食事や飲みの誘いを、上手に断ることができません。相手が仕事関係の人ということもありますし、私が断り下手ということもあって、いつも笑って誤魔化します。が、結局それでは伝わらず、『この女ならいける』と思われてしまうのです。


また、最初は打ち合わせを兼ねた食事だけだったのに、気がつけば仕事とは全く関係ない話ばかりされたり、女性として見られていたり、手を出されそうになったり……。私はそんなつもりがないですし、できれば上手に断りつつ仕事関係は続けたいんです。ですが、相手がしつこくなるので結局私が激しく嫌がり、関係がこじれて終わってしまいます。もっと穏便に断る方法はないのでしょうか」(マナミさん・26歳・未婚・自営業)


「好き」だと告白されたわけでもないから、「私にはその気はないので」と断るのも何か違う……。ましてや相手が上司だったりしたら、なおのこと断りづらいですよね。一体どうしたらいいのでしょうか……教えて、上野さん!

上野さんのAnswer!

上野さん まず、率直に申し上げますと、女性にとって男性はすべからく警戒しなければならない存在です。「この男性なら下心はないだろう」「2人きりでも安心な男性」なんていうのは、女性の都合のいい解釈だと思ってください。

また、「次第に『この女ならいける』と思われてしまう」とありますが、それは違います。男性は最初から「この女といきたい」という野望があってマナミさんに近づいているのです。なので、“なんとなく私に気があるかもしれない” という予感を勘違いだとは思わずに、気のない男性からの誘いはハッキリ断りましょう。

問題は、断り方ですよね。そこで私からの提案ですが、“キレてから笑う” ということをしてみてはいかがでしょうか。

「笑って誤魔化すも相手に伝わらず、結局私が激しく嫌がり関係がこじれて終わってしまう」とありますが、確かにこれでは相手に残るマナミさんの印象は、マナミさんの怒りや嫌悪感だけです。それでは気持ちのいい関係を継続するのは困難ですよね。だから“笑ってからキレる”のではなく“キレてから笑う”ようにしましょう。そう、順番を変えるのです。

たとえば、次のような円満な断り方があります。

①飲みに誘われたら……
「2人きりで飲みはダメなんです。同棲している恋人が心配するので(嫌悪感)」→「また皆さんと一緒にお食事しましょ♪(笑顔)」

②迫られたら……
「それはムリです!(怒り、嫌悪感)」→「も〜やめてくださいよ〜(笑い)」

といった具合です。最初にビシッと断り相手との関係を線引きする、その後は笑って誤魔化す。言い方は何だっていいんです、最後にきちんと笑いを残せば尾を引くことはないと思います。ぜひお試しください。


なるほど……! これなら神妙にならずに断ることができそうですよね。笑顔は困った時の切り札、覚えておくと便利かもしれません。


■こちらの記事もどうぞ。
秘密の相談室“上野”へようこそ。vol.1「いい歳なのに騎乗位ができない」

Information

★上野さんの著書で恋愛指南書の『ラブホの上野さんの恋愛相談』の詳細はこちら
★フォロワー19万人越えの超売れっ子ラブホスタッフ・上野さんのTwitterは
こちら