男子禁制女子トーク!

秘密の相談室“上野”へようこそ。vol.1「いい歳なのに騎乗位ができない」

アドバイザー/ラブホスタッフ・上野さん イラスト、文/藤田佳奈美 —
これまで数々の男女の悩みを紳士的に解決してきたラブホスタッフの上野さんが、満を持してanan世代の悩みにアドバイスするこの連載。記念すべき第1夜はセックスにまつわるお悩みが寄せられました。

【秘密の相談室“上野”へようこそ。】vol.1 

 

第1夜の誰にも言えないお悩みは・・・
『いい歳なのに騎乗位ができない!』

教えて上野さん!

上野さんイラスト1 藤田佳奈美 ラブホテルスタッフ 上野さん

「私はいい歳して騎乗位ができません。主人との相性うんぬんではなく、単純に私がどう動いたらいいのかわからないまま、31歳を迎えてしまいました。お恥ずかしいですが、どしたらいいのか教えてください」(アイさん・31歳・既婚・会社員)


騎乗位って、前後や上下に動いたり、腰使いが何気にハードな体位ですよね……。上野さん、ズバリお願いします!

上野さんのAnswer!

上野さん もしかしたら、自分が性に貪っている姿を見られるのが恥ずかしくて出来ないのではないでしょうか。騎乗位は女性が上になって動く体位ですから、男性はバッチリ女性の体と腰使いを一望できます。その見られている感じがたまらなく、思うように動けないのかもしれません。

しかも、この時ばかりは女性のリードで動くことになるので(女性の腕の見せ所……ではありますが)、「積極的に動くと引かれないか」「この動きで合っているのか」「彼は気持ち良いのか」と不安に思い、余計に身動き取れない状態に……。そんな心理状態では動けるものも動けません。

そこで私からの提案ですが、”目隠し” をしてみてはいかがでしょうか。

アイマスクでもネクタイでも何でも構いません。どちらかが目隠し、またはお互いに目隠しをすることで、視界をシャットアウトするのです。そうすれば、男性からの視線を振り切れるので、思い切った動きが出来ると思います。しかも目隠しはちょっとしたSMプレイ要素を含んでいるので、いつもより興奮度を高めることも。あとは感じるまま腰を動かすだけ。ぜひお試しください。


なるほど……! 目隠しすることで大胆な動きにも挑戦できそうだし、セックスのマンネリ打破としての効果も期待できそうです。小手先のテクニックを覚えるよりも、気持ちを解放することが騎乗位を習得する第一歩なのかもしれませんね。

Information

★上野さんの著書で恋愛指南書の『ラブホの上野さんの恋愛相談』の詳細はこちら
★フォロワー19万人越えの超売れっ子ラブホスタッフ・上野さんのTwitterは
こちら