男子禁制女子トーク!

【目・眉・手・唇】「感じまくっている演技」の上手なやり方3つ

文・塚田牧夫 —
セックスの最中に“演技”をする女性は多いと思いますが、これがわざとらしいと、男性の気分が萎えてしまいます。だからといって“演技をしない”のも、「反応薄すぎ……」になりかねません。 しかし、上手な演技をすれば、パートナーが興奮できるので、そのまま本気で感じちゃうことだって可能です。今回は、『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』の著者、箱崎キョウコさんにセックス中の上手な演技の仕方をお聞きしました。

顔で表現する

箱崎「セックスの最中、基本的に女性はあまり動くことができません。ですので、いかに気持ちよくなっているかは、“顔”で表現するのがポイントです。顔のなかでも、演技しやすいのは、目ですね。ずっとつぶりっぱなしになっていてはいけません。

感じてきちゃっていることを表現するのには、眉を八の字にする“困り顔”、これが難しければ、眉間にシワをよせてもいいでしょう。快感が強くなってきたら、目をつぶってもいいですが、強い刺激の際に、“目を見開く”という小技を使うと、さらに効果的です。

口は笑みを浮かべないように気をつけてください。余裕だと思われてしまいます。“余裕がなくなっている姿”が興奮を誘うのです」

手で表現する

箱崎「続いては手ですね。基本的には、演技ではなく、物理的にパートナーの乳首を最中でもいじってあげれば、相手の性感が高まり、興奮させることができます。

途中で興奮することを表現したければ、手でシーツをグッとつかむ。これは地味なので、パートナーに見えるように、正常位ならば頭の上で行うといいでしょうね。

そして、さらに派手にできるのが、ベッドをバシッ、バシッと叩くこと。これは頭の上でなく、普通の姿勢でOKです。我慢くらい……のイメージになりますね。このとき、下唇を噛んでいると、さらにセクシーですよ」

イク演技

shutterstock_374912497 (2)

箱崎「口だけでイクッ、と言うだけでは、男性をだましきれない部分があります。ここは、本当にイッているときと、身体も同じ反応をするといいでしょう。

背中をグッとそらせて、膣をギュッと収縮させながら、イっちゃう……と言いましょう。これは演技ですが、することによって、本当にイケるときもある素晴らしい技です。

また、普段エッチ動画を観ているからか、男性も同じタイミングでイってしまう傾向がありますので、早く終わらせたいときなどにも便利ですね」

セックスで“感じまくっている”演技のやり方を教えていただきました。

エッチ動画を見ることでも勉強できそうですが、「白目や痙攣はよほどのときじゃないと、やりすぎです」とのこと。まずは上記から試してみましょう!


【秘密のananを読んで、もっと素敵な性生活を…!】
【長続きにはコレ…!】彼氏を虜にする「極上セックス」テクニック
【アラサー男が証言】“久しぶりに彼女を抱きたくなった瞬間”って?
【2つだけ】いつもよりアツいsexにする魔法の言葉。
(C) PawelSierakowski / Shutterstock
(C) Pinchuk Alyona / Shutterstock
(C) Voyagerix / Shutterstock