男子禁制女子トーク!

シンヤ(24歳)「親友の彼女を寝とりました…」そのときの心境は?

塚田牧夫 —
前回、「彼女が親友と浮気した」という企画にてインタビューに応じてくれたタケル(24歳)。今回は、タケルの彼女を寝とった張本人シンヤ(24歳)もインタビューに応じてくれました! 果たして、そのときの心境は……?

■誘惑されて、つい…

−−彼女と別れた日に、タケルくんの部屋へ遊びに行き、そこに来ていたタケルくんの彼女とヤッてしまったという、なかなか外道なシンヤくんです。彼女さんがいたということですから、タケルくんの彼女が好きだったというわけではないんですよね?

シンヤ「……というか、あいつらって付き合ってたんですか?」

−−えっ?

シンヤ「俺はカオリから、タケルとふたりじゃもたないから早く来て!とLINEが入ったから、アイツの家に行ったんですよ」

−−カオリというのは、タケルくんの彼女さん?

シンヤ「彼女ってことになっているんですか?」

−−「彼女が親友と浮気した」という企画だったので……。

シンヤ「タケルがカオリのことを好きだったのは間違いないと思うけど……」

−−付き合ってはいなかった?

シンヤ「カオリからは、“タケルがしつこくて困ってる……”とよく相談されたけど」

−−でも、部屋に遊びに行ってるくらいだから、やはり付き合っていたのでは?

シンヤ「自分でこんなこと言うのもなんだけど、そうすると俺が行くからだと思いますよ」

−−カオリさんは、シンヤくん狙いだったってことですか? もう分からなくなってきました……。しかし、タケルくんは、その後シンヤくんと新宿で会ったとき、“あのときは本当に悪かった”と謝ってくれたと言っていましたよ?

シンヤ「だって、タケルが好きだったカオリとヤッちゃったからね。俺は別に好きとかじゃなかったけど。誘惑されて、つい」

■カオリはまだシンヤと…!

−−新宿で出会ったとき、“カオリさんがタケルくんと連絡とれなくなって泣いていたよ……”とタケルくんに伝えたそうですね? 

シンヤ「なんかそのとき大事な時計を忘れていったんだけど、タケルにいくら連絡してもシカトされたんだって。あいつもオトナゲないよな。別に付き合ってたわけではないのに」

−−……。

シンヤ「でも、あいつの惚れてた子と、あいつの部屋でヤッちゃったことは、本当に悪かったと思っていますよ」

−−タケルくんはなぜ、付き合っていると勘違いしていたのでしょう?

シンヤ「そんなのタケルに聞いてくださいよ。俺に分かるわけないでしょう」

−−どちらの言っていることが正しいのか、ちょっと分からなくなってしまいました……。

シンヤ「俺の言うことを疑っているんですか? イヤだなぁ。それならカオリに聞けばいいじゃないですか。全部、真実を教えてくれますよ」

−−えっ! カオリさんとまだ繋がっているんですか?

シンヤ「普通にたまに会って飲みますよ。でも、このことタケルには言わないでくださいね。カオリはタケルを恐がっているので……」

−−恐がっている?

シンヤ「“二度と会いたくないし、連絡もしてほしくないから、私と繋がっていることは内緒にしておいてッ”と言われていますよ」

「親友の彼女を寝とってしまった……」その心境をインタビューしようとしたところ、思わぬ反論にあい、混乱する筆者。
次回、シンヤくんの協力で、カオリさんからも話を聞けることになりました。果たして、真相はいかにっ!?


【浮気をされた、タケルくんの証言はコチラ!】
タケル(24歳)「彼女が親友と浮気した」その時、彼がとった行動は?
(C) kiuikson / Shutterstock
(C) Prostock-studio / Shutterstock