男子禁制女子トーク!

ど…ドッキーン!♡男子の目がハートになる「ちょいエロ仕草」3つ

文・塚田牧夫 —
気になる人がいるときに使ってほしい、男子を♡ドキドキ♡させちゃう仕草を3つご紹介。急に素敵な人が現れちゃったときでも、これらのちょいエロ仕草を知っていれば、安心かも!?

「仕草だけ」で、彼を♡ドキドキ♡させちゃう?

男をメロメロにするには…?

みなさんも気になる誰かがいるときには、オトナな服を着たり、セクシーな髪型にしてみたり、いろいろと“女っぽさ”を演出しているかもしれません。でも、本当に急に、“めちゃくちゃ素敵な人”が現れたらどうしますか? 「やばい……今日、超フツーな格好してる!」そんなときのために。今回は男子をドキドキさせちゃう“ちょいエロ仕草”を、恋愛コラムニストの箱崎キョウコさんにお聞きします。

身を乗り出す

戦略的にカレに近づく♡

箱崎「“えっ、ウソっ! 本当に!?”。気になる誰かが、ちょっとしたことを教えてくれたら、思いっきり彼のほうへ身を乗り出してみましょう。

ただ積極的に近づいて、“ナニナニ!?”と目をキラキラさせるだけでも効果的ですが、テーブルなどなにか隔てて彼がいる場合、もっとチャンス。

胸をムニュっとテーブルに乗せ、ちょい上目遣いに身を乗り出せば、ちょいカワなエロに、彼もドッキーン! 胸がペシャっとなっちゃう人でも、上目遣いだけで、それなりの効果がありますよ」

確かに「へーっ!」とその場で言われるだけよりも、「ナニナニ!?」と身を乗り出して近づかれたら、男子はドキッとしちゃいそうですね。

ボディタッチ未遂

恥じらいがポイント♡

箱崎「恋愛テクで“ボディタッチが効く”という話は、よく聞くと思いますが、もっとドキドキさせられるアドバンス・テクがあります。それは、“ボディタッチしない”ということです。

“もうヤダぁー!”という場面で、バシッとボディタッチする寸前で、“あ…”と気づき、相手に触らず、その手を振り下ろす。

“触っちゃ、ダメよね”という空気を読んだ真面目さを醸し出しつつ、“本当は触りたかったのかな!?”とドキドキさせる。ボディタッチは実行するよりも、未遂で終わらせたほうが、はるかに効果的なんですよ」

誰もが一度は聞いたことのある“ボディタッチ”という恋愛テクニック。だからこそ、あえて気づいて止めたそぶりをみせれば、“恥じらい”と“禁止”という男子をドキドキさせる要素を2つも演出できちゃうのですね。

●●を出す

カレの視線が集中♡

箱崎「ポロっと出してもそこまで違和感がないのに、出されると男子がドキドキしちゃう女子のパーツ…それはベロ、舌です。

舌を出すジェスチャーというのは、使おうと思えば、日常でもいろいろな場面で使えますよ。

たとえば、ちょっと失敗したとき。“やっちゃった!”と舌を出し、テヘッと感を演出できます。

たとえば、相手がムカつくことをやったとき。“信じられない! ベーっ”とやることで、子どもっぽい、やわらかな怒り表現ができます。

たとえば、美味しそうなスイーツが目の前にきたとき、思わず唇をペロッとやって、隠しきれない食いしん坊アピールができます。

このように使い勝手のいい“舌”なのですが、男子は女子の舌を見ることで、よからぬ妄想をしがちです。こっちはちょっとカワイイ感じでやっているのに、男子は勝手にエロっぽくとらえてくれる…ありがたい仕草ですね」

舌を出すって、オトナになるとなかなかしない仕草ですが、冗談っぽく使いこなせば、たっぷりと男子をドキドキさせることができそうです。

男子の目が♡になっちゃうドキドキのちょいエロ仕草を3つご紹介しました。シャイな子でも、お手軽にできそうでしたね! 気になる彼ができたら、ぜひ実践してみてください。

(C)SofiaPink / Shutterstock
(C) Antonio Guillem / Shutterstock
(C)MAD_Production / Shutterstock
(C)Irina Aris / Shutterstock