男子禁制女子トーク!

ちょっとだけ中に…エッチ後に男から届いた「生々しいLINE」3つ

文・塚田牧夫 —
エッチが盛り上がると、その余韻に浸りたくなるもの。翌日になっても、思い出してはまたムラムラ~っときちゃうこともあると思います。そうなると、相手とのLINEのやり取りなんかも色っぽいものになったりしますよね? 今回はそんな“エッチ後に男から送られてきた生々しいLINE”をご紹介しましょう。

「ちょっとだけ中に出しちゃった…」

「ある日の彼氏とのエッチ。前戯が終わって、いよいよ挿入というとき。彼が“あっ!”と声をあげたんです。なんとコンドームを切らしていました。

彼が買いに行こうとするんですけど、せっかくいい雰囲気だったので、“外に出せばいいよ”と言ってそのまま続きをしました。

その翌日、彼からLINEが来た。まず“ごめん”と謝ってから、“実は昨日、ちょっとだけ中に出しちゃった”と。それが気になって仕事が手につかなかったみたい。

“ちょっとぐらいなら大丈夫だよ”と送ると、“あのなかに精子何匹ぐらいいるんだろう……”と不安は尽きない様子。そして“もしなんかあったら責任取るから”と。とっても律儀な彼なのでした」メル(仮名)/26歳

「ヘルペスできたんだけど…」

「合コン的な飲み会に参加したときでした。向かいに座ったのがかなりイケメン。私なりにアプローチを掛けていたら、向こうも気に入ってくれたみたいで、二次会終わりにホテルへ行きました。

エッチもかなり良くて、また会いたいな……と思っていたら、次の日にLINEが来たんです。やった!って思ったけど、内容はそんないいもんじゃなかった……。

“唇にヘルペスできたんだけど……”って言うんです。さらに“クンニしたからじゃないかな?”と。私が伝染したってこと!?

マジでムカつきました。っていうか、こっちが被害者かもしれないし。“知らねえわ!”とだけ送り返して、その男とは終わりました」マイコ(仮名)/29歳

「乳首黒子さん」

「クラブに行ったときにナンパされた男でした。年下で、しかも可愛い顔をしてたから、ホテルに行ってエッチしたんです。

ただ、最後まで名前は教えませんでした。LINEも交換したけど、そこには名前は書いていません。向こうは“教えてよ”って言ってきたけど、お断り。“もし次に会うことがあったらね”と。

ワンナイトだとしたら、名前を教えるだけ無駄。後腐れなく終わるのなら、それぐらいがいい。LINEぐらいならすぐにブロックできるし。と、そう思っていたら、翌日その人からLINEが来ました。

“黒子さん、次いつ会える?”って。ん? 黒子さん? 誰のことを言ってるのかと思い聞いてみると、“乳首が黒いから、乳首黒子さん”だと返してきやがった。

てめぇ~……と思ったけど、まあ年下だし、可愛いので許しました」カスミ(仮名)/30歳

“エッチ後に男から送られてきた生々しいLINE”をご紹介しました。

色っぽさはあまりないですが、リアルな感じは伝わってきたのではないでしょうか。印象に残るのはこういった内容なのかもしれません。エッチ同様、その後のやり取りも楽しめる相手だといいですね。


#恋愛 記事、
#LINE 記事を、もっとみる。
#セックス についてもっと深掘り……!?

【おばさん認定されたら終了…】セルフマッサージで男に愛される顔に♡ – PR

(C) ivan_kislitsin / Shutterstock
(C) Jacob Lund / Shutterstock
(C) Ditty_about_summer / Shutterstock