男子禁制女子トーク!

恋人とのHを報告…!? 破廉恥すぎる「セフレからLINE」3つ

文・塚田牧夫 —
彼氏彼女という関係ではなく、セフレだからこそ大胆になれることってあると思います。しがらみがない分、純粋にエッチを楽しめる。そしてそんな二人のLINEのやり取りは、かなり刺激的になることも。今回は、それをちょっと覗き見。“人には見せられないセフレからの破廉恥LINE”をご紹介しましょう!

「すごく溜まってる」

「私の彼氏は仕事が忙しく週末にしか会えません。だから平日はセフレとエッチしています。

でも、彼に浮気を疑われたことがあって、しばらく大人しくしていないといけない時期がありました。そのときにセフレから送られてきたLINEが“すごく溜まってる”でした。

“五日以上溜まってる。もう限界……”と来て、“自分で出しちゃおうかな?”と送ってきたので、私は“ダメ! もうちょっと待って”と返しました。

“私の中にいっぱい出して”なんて、しばらくやり取りをしてました。こんな破廉恥な内容のLINEは彼とはできないなぁ」アスカ(仮名)/28歳

「牡蠣鍋でお前を思い出した」

「職場の上司と付き合っていたときです。その人には彼女がいたので、セフレという割り切った関係でした。

その上司の家で、会社仲間と鍋をやることになったんですが、私はそういう関係ということもあり呼ばれなかったんです。

寂しいな……と思っていたところで、彼からLINEが入りました。“牡蠣鍋でお前を思い出した”と。どういうことか、最初は分かりませんでした。

でも、写真が送られてきて理解しました。それは彼が舌を出して、牡蠣を舐めている写真でした。そういうことね……と思いました。

私は冷蔵庫からソーセージを出して、それを咥えてる写真を撮って送り返しました。あれはかなり下品なやり取りでしたね」アユ(仮名)/27歳

「今日、彼女が潮を吹きました」

「私のセフレはちょっとSっ気のある人で、彼女とどんなエッチをしたとかを報告してくるんです。

たとえば“今日は彼女と三回ヤッた”とかわざわざ報告してきて、私が嫉妬するのを喜んでいる。ちょっと変態チックな人でした。

そしてこの前送られてきたのが“今日、彼女が潮を吹きました”でした。

実は私はまだ潮を吹いたことがありません。何度か挑戦したんですがダメ。だから彼女に先を越された形になったんです。

そこで私は“次は絶対吹くから!”と潮吹き宣言。しかしながら、それはまだ達成されておりません……。体質なんですかね?」ユウコ(仮名)/29歳

“人には見せられないセフレからの破廉恥LINE”をご紹介しました。

なかなか下品で破廉恥でしたね~。こういったやり取りは、彼よりもセフレとのほうがしやすいという意見が多いです。本命の彼を失わない程度に、楽しんでもらいたいですね。


#恋愛 記事、
#LINE 記事を、もっとみる。
#セフレ についてもっと深掘り……!?

【驚愕!意外とみられてた!】知っておきたい「脱毛サロン」の選び方4つ – PR

(C) urbazon / Shutterstock
(C) hungryworks / Shutterstock
(C) Jacob Lund / Shutterstock