アンアンからニュースを配信します!

今どき掃除は「ほうき」!? 見た目も魅力的なおススメアイテム

2017.3.19
一人暮らしのお掃除アイテムとして、実は優秀なのが、ほうき&ブラシ。気軽に使えて場所も取らない、そしてちょっとノスタルジックな見た目も魅力。今回は専門家におススメのほうき&ブラシを聞きました。

ゴミやホコリがちょっと気になったときに気軽に掃いて掃除できるほうき。「一人暮らし用の狭い部屋だと、ほうきで掃除するほうが、収納する際に省スペースで便利です」とは、ライフスタイルショップ『CLASKA Gallery & Shop“Do”銀座店』スタッフの青木奈緒さん。実は青木さん自身も、ここ4年ほどは掃除の際に掃除機を使わず、ほうきとハンディワイパーのみで生活しているんだそう。

「面倒な掃除機のフィルターのお手入れもいらず、ほうき自体の汚れが目に見えて気になったらパパッと払うだけなので簡単です。コンパクトサイズのほうきなら、外に出しておいても雰囲気があるので気になりません。また、食器やフライパン、バスルームやキッチンなどのお手入れには昔ながらの束たわし子やブラシがおすすめ。どちらにせよ、素材や手への馴染み方、使い勝手を吟味して、長く愛着が持てるアイテムを選んでください」

コンパクトなほうきとちりとりをデスクに常備。東屋 お手掃き

0215_002

杉板で作られたちりとりと滑らかなパキン素材のほうきが見た目にも上品なセット。「パン屑や小さいゴミが発生しやすいテーブルやデスク回りで重宝するコンパクトサイズです。ちりとりの穴にほうきの紐を通して、一緒に収納できるのも嬉しいポイント」。¥12,000(クラスカ ギャラリー & ショップ“ドー”銀座店 TEL:03・6264・5810)

静電気を防いで小さなゴミも逃さない 山本勝之助商店 棕櫚 4玉荒神箒 トサカ中

ほうき

和歌山で明治13年に創業以来、棕櫚製品をひとつひとつ丁寧に作り続ける「山本勝之助商店」の荒神箒。「密度と量感がしっかりしているのに、使い心地は軽くしなやか。棕櫚は静電気が起きにくく、髪の毛やホコリが床にペタッとくっつかないのでゴミが集めやすくておすすめです」。¥2,500(クラスカ ギャラリー & ショップ“ドー”銀座店)

ポップなカラーリングで掃除の時間が楽しく! PUEBCO Handy Brush

ほうき

楽しげな色合いで使うのが楽しくなりそうな「PUEBCO」のブラシ。「女性の手にフィットしてガシガシと洗いやすい形とサイズ、ポリプロピレンの丈夫な素材なので、バスルームやキッチンの掃除はもちろん、アウトドア用品やガーデニング用品の水洗いなどにも向いています」。各¥500(クラスカ ギャラリー & ショップ“ドー”銀座店)

あおき・なお 『CLASKA Gallery & Shop“Do”銀座店』スタッフ。自身も一人暮らしでほうきを愛用。

※『anan』2017年3月22日号より。写真・多田 寛(DOUBLE ONE) 文・瀬尾麻美

(by anan編集部)

【人気記事】
※anan「官能の流儀」特集、表紙の高橋一生さんの撮影エピソードは!?
※女性の“エロ”バランス 境目はどこにある?
※香水よりも効果アリ? ふんわり香る髪につけたい秘密のアレとは