アンアンからニュースを配信します!

美白アイテムは“根気よく”使うべし! おススメアイテム4つ

2017.3.9
美容のプロたちが選んだ「2017年・春 ananモテコスメ大賞」。今回は「美白」に注目したアイテムをご紹介。シミ対策のヒントとともに、「スキンケア部門・肌悩み編」を受賞した美白アイテムをピックアップします。

【お悩み】気がつけば、シミらしきものがうっすら…

→続けてこそ美白。長くつきあえる美容液を厳選チョイス。

おぼろげなシミの存在に気づいたら、すぐに美白美容液の投入を。

「美白コスメの役割は、シミやくすみの予防がメイン。なるべく早く使い始めて、シミが濃くなるのを防ぎましょう」(コスメコンシェルジュ・小西さやかさん)

「根気よく使い続ければ、必ず肌色が明るくなります。明るくなった肌に気づけば、もっと美白を続けたくなる。確実に効果を感じられるコスメを選んで、お手入れへのモチベーションを高めましょう」(トータルビューティーアドバイザー・水井真理子さん)

以下で早速、美白アイテムをご紹介。

コスメ大賞

くすみスポットを狙い撃ち賞 メルヴィータ ネクターブラン コンセントレイト セラム

白百合の球根から抽出したオイルが、肌色のトーンを均一に。色ムラの気になる部分を、集中ケアできる。「ジェル状セラムが、なじませるうち水のようにスッと浸透。女性らしく上品な香りで、贅沢なケアができます」(モデル・森本奈緒さん)。「高い保湿力で、肌の透明感を引き出すみたい。肌はベタつかず、サラサラ。白百合の清楚な姿を彷彿とさせる、甘い香りも恋に効きそう」(メイクアップアーティスト・Nagisaさん)。30ml¥7,800(メルヴィータジャポン)(写真右端)

ビタミンC補給でスピード美白賞 エクサージュ ホワイト ホワイトニングVC チャージャー

1回1本使い切りの、ビタミンC配合美容液。28日間の集中ケアができる。「壊れやすいビタミンCだけど、ひとつずつ分包されている姿は、鮮度が高そうでまず安心。使い心地はサラッとしていて、肌のしっとり感までアップするから嬉しさも倍♪」(日中美容研究家・濱田文恵さん)。「肌色が明るくなるから、ファンデが薄づきに。抜け感のあるベース作りが叶います」(美容家・岡本静香さん)。<医薬部外品>1.0ml×28本¥6,000 3/18発売(アルビオン)(写真右から2番目)

居座るシミにパワフルアタック賞 ランコム ブラン エクスペールメラノライザー AI アドバンスト

紫外線や大気汚染によって刺激を受けた肌を、鎮静化。深刻化して盛り上がったシミも、スマートにケアできる。「使ったその日に、肌の透明感がアップしたことを実感。保湿効果も優秀なので、乾燥ケアも一緒にしたい人に、特におすすめ」(ビューティーサービスファウンダー・豊竹桃子さん)。「のびがよく、肌になじませたあとはサラサラ。シミや大人のニキビ痕が薄くなって、肌全体がブライトアップされる感じ」(トータルビューティプロデューサー・猪熊真理子さん)。<医薬部外品>5ml¥16,000(ランコム)(写真右から3番目)

肌色のムラをスピーディに払拭賞 コスメデコルテ ホワイトロジストブライト エクスプレス

メラニンが作られる過程をシャットアウト。できてしまったシミにもアプローチする。「使うたび、肌が明るくなるのを実感できます。美白コスメでここまでスピードを感じたのは、初めて! 触ってほしくなるすべすべ肌にバージョンアップできます」(美容家・松下侑衣花さん)。「さっぱりしたテクスチャーなのに、使用後はしっとり。暑い季節でも、気持ちよくお手入れができそう」(モデル・田辺かほさん)。<医薬部外品>4ml¥15,000(コスメデコルテ)(写真左端)

みずい・まりこ トータルビューティーアドバイザー。体の内側と外側からキレイになる方法を提案。女性誌や講演会などで活躍中。

こにし・さやか 日本化粧品検定協会 代表理事、コスメコンシェルジュ。『レディの教科書』(宝島社)など、キレイになれる著書多数。

※『anan』2017年3月15日号より。写真・山口恵史 スタイリスト・中根美和子 文・風間裕美子

(by anan編集部)

【人気記事】
※モルヒネの6倍以上の恍惚感!? 幸福感に作用する“脳内物質”とは?
※高橋一生さん anan3月1日発売「官能の流儀」特集の表紙に初登場!
※「私もよく行く~」はNGワード! SNSマウンティングする女子