アンアンからニュースを配信します!

城田優「いつか見返してやると思った」悔しさや闘志が役作りに!

2017.3.8
高慢で堕落願望を持つ伯爵令嬢と、粗野で野心家の使用人が、男女の駆け引きを繰り広げる『令嬢ジュリー』。100年以上前に書かれたこの戯曲に挑むのは城田優さん。意外にもミュージカル以外の舞台(ストレートプレイ)は今回が初めて。
俳優

「階級社会で根強い男女格差があった時代に書かれたもので、当時は問題作とも言われた戯曲だそうです。最初に読んだ時には、正直、わからないし面白いとも思えなかったんですよね。でも、いまの日本でこれを上演しようと思った作り手の方々がいて、多くの俳優たちが絶大な信頼を寄せる小川絵梨子さんが演出を引き受けた。ならばきっと上演する意味があるんだろうと思ったんです」

舞台

そんな心境から、稽古がスタートして約2週間。「文字で読んでもわからなかった感情が、小川さんが状況をひもといてくださって見えてきて、ようやく、面白いのかもしれない、と思うところまできた」という。

「僕が演じるジャンにとっては主人にあたるジュリーは絶対に頭の上がらない相手で、終始彼女は上から目線。でも、彼女が女として接触してきた途端、それまでペコペコしていたジャンが出方を変える。会話を交わしていく間にも、二人の関係性が次々変わっていくところはスリリングで楽しいと思います」

強い上昇志向で、伯爵家に出入りも許されない下層階級から屋敷の使用人へと這い上がってきたジャン。状況は違えど、城田さん自身がかつて抱いた悔しさや闘志といったものが、役作りの素地になっている。

「自分なりに自信があって芸能界に入ったのに、ハーフであることが枷になって、悔しい思いをたくさんしました。自分にもできるんだと証明して、いつか見返してやろうと躍起になった時期もあります。ジャンほどではないにしろ(笑)、誰もが多少は身に覚えがあるのでは」

昨年、初めて舞台演出も手がけた。「もともとプロデューサー的な視点を持っていたんですが、演出を経験して、より強くなった気がします。今は、プレイヤー脳とプロデューサー脳が同居している感じ。プレイヤーの僕は、今もやりたくない気持ちはあるけれど、プロデューサーの僕は、これを乗り越えたらその先に見返りがあると確信しているんです」

しろた・ゆう 1985 年生まれ。東京都出身。昨年、ミュージカル『エリザベート』で読売演劇大賞優秀男優賞を受賞。ミュージカル『アップル・ツリー』で演出家デビューも果たした。シャツ¥38,000 パンツ¥21,000(共にLAD MUSICIAN HARAJYUKU TEL:03・3470・6760)

ある夜、伯爵令嬢のジュリー(小野ゆり子)が召使のジャン(城田優)の元を訪れる。彼には許嫁(伊勢佳世)がいるが、ジュリーの命令で彼女の相手をすることになり…。3月10日(金)~4月1日(土) 渋谷・Bunkamura シアターコクーン 作/ヨハン・アウグスト・ストリンドベリ 上演台本、演出/小川絵梨子 出演/小野ゆり子、城田優、伊勢佳世 特設S席8500円 S席7800円 A席6800円(すべて税込み、当日券あり) 『死の舞踏』と交互上演。シス・カンパニーTEL:03・5423・5906(月~金曜11:00~19:00)撮影・加藤孝 
http://www.siscompany.com/sisw/

※『anan』2017年3月15日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・福田春美 ヘア&メイク・Emiy インタビュー、文・望月リサ

(by anan編集部)


【人気記事】
モルヒネの6倍以上の恍惚感!? 幸福感に作用する“脳内物質”とは?
高橋一生さん anan3月1日発売「官能の流儀」特集の表紙に初登場!
「私もよく行く~」はNGワード! SNSマウンティングする女子