アンアンからニュースを配信します!

初めて“チョコレート”を食べた日本人は? 日本史チョコトリビア

2017.1.15
今では日本中で広く愛される“チョコレート”ですが、初めて口にした日本人とは…?
チョコレート
日本のチョコレートの歴史は、長崎の遊女から?

日本とチョコレートの関係はいつから? 日本史チョコレートトリビアをご紹介します!

江戸時代、長崎に「しょくらあと」上陸。

チョコレートに関する最も古い文献は、18世紀末。江戸時代、鎖国が続いている中、長崎の遊女がオランダ人からもらったものとして「しょくらあと六つ」という記録が残されている。

初めてチョコレートを食べた日本人は伊達政宗の家臣!?

伊達政宗の家臣であった支倉常長とその一行は、1613年から1年間スペインに滞在。彼らがチョコを食べたという文献はないものの、現地での浸透を考えると食べていた可能性も?

明治と森永の板チョコ物語。

日本で最初に板チョコを作ったのは、森永商店(現・森永製菓)。1918年に、生産と販売をスタート。1926年には、東京菓子(現・明治)もチョコの製造を開始しました。

※『anan』2017年1月18日号より。イラスト・村上テツヤ 文・保手濱奈美

(by anan編集部)