アンアンからニュースを配信します!

ぶーんぶーんと振り回す! 冷え解消のための簡単“腸ほぐし”

2017.1.10
腸温活のためには腸周りの筋肉をやわらかく保つ必要があります。

鍼灸師の藤原愛加さんに、腸温活のために行いたい筋肉や腸をほぐすエクササイズを教えてもらいました。腸と腸まわりの筋肉を簡単にほぐせる4つの方法。日中、気づいた時に実践してコワばりをほぐせば、冷えの原因が解消され、全身もポカポカに。

全身を上に上に引き伸ばし、腸が寛げるスペースを空ける。

体操

日中縮こまった姿勢が多い人は、腸のスペースを圧迫しているもの。

両足を肩幅に広げて立ち、両手を少し広げて上げ、できるだけ高く高く全身を引き伸ばす。背骨を反らさないこと。

横隔膜を大きく広げ、腸をたくさん刺激する。

体操2

横隔膜を大きく広げる呼吸で、腸のスペースを確保。

両手を組み頭の後ろに置き、たっぷり息を吸う。吐きながら力を抜き前傾姿勢に。横隔膜が膨らむことで、腸のマッサージにもなる。

腸腰筋&骨盤底筋を同時に刺激する動き。

体操3

上半身と下半身をつなぐ要の筋肉・腸腰筋と、腸を下から支える骨盤底筋を刺激。

椅子に座り、脚の付け根に両手を置き、付け根から持ち上げる感覚で、足をゆっくり上げ下げ。両足行って。

ぶーんぶーんと足を大きく振り回して。

体操4

股関節まわりの筋肉と、腸腰筋をほぐせる動き。

腰に手を当て、ボールを蹴り上げるよう前に足を振り出し、そのまま後ろに振り上げる。脚の付け根とお尻の筋肉を使う。両足行って。

藤原愛加さん 鍼灸師。アスリートたちからの支持を集める、総合治療院『テコセンター』に勤務。治療と同時に、カラダ作りに必須なトレーニング法も提案している。

トップス、レギンスはスタイリスト私物

※『anan』2017年1月11日号より。写真・土佐麻理子 スタイリスト・仮屋薗寛子 ヘア&メイク・浜田あゆみ(メランジ) モデル・メイ・パクディ 取材、文・板倉ミキコ

(by anan編集部)