アンアンからニュースを配信します!

「ネット婚活」勝利のカギは“盛りテク”にアリ!

2016.12.7
多様化する婚活! 進化を続ける婚活のなかでも今注目の「ネット婚活」について、婚活コンサルタント・澤口珠子さんと婚活アドバイザー・大西明美さんに話をうかがいました。
安全面も年々進化。男女ともに利用者急上昇中。
安全面も年々進化。男女ともに利用者急上昇中。

インターネット上で理想の相手を探すことができるネット婚活。2000年頃に婚活サイトが誕生し、ここ2~3年の間に婚活アプリも続々登場しています。ネット婚活のメリットは、ズバリ“気軽さ”。お金をかけずに、好きな時間に理想の相手を探せるなんて、始めない理由はありません! 「ネットの出会いには抵抗がある…」という人にお伝えしたいのが、安全性の高さ。人気が高いサービスには、「本人証明」や「収入証明」などの提示が必要で、セキュリティ機能が充実しています。

「焦りや、親のプレッシャーがある人にこそ積極的に利用してほしいですね。メッセージをやりとりする男性は、自分の希望条件に合った人。義務的に感じていた婚活が、いつの間にかワクワク・ドキドキの時間になりますよ。登録者数が400万人を超えるものもあります。理想の相手は必ずいます!」(澤口さん)

マッチングした相手には早めに会うこと。「メッセージ上で盛り上がっても、会ったらがっかり…となっては時間の無駄。1か月以内に会いましょう」

登録して数分で運命の出会いがあるかも!?

ネット婚活の【勝利の方程式】をご紹介します!

  1. プロフィール写真は3割増しに“盛る”。
  2. ネット婚活は、プロフィール写真が命! 「相手に『会いたい!』と思ってもらえることが何より大事。笑顔はもちろん、写真加工アプリなどを使って“盛って”。男性は実際に会ったときに、写真と多少違っていても気にしないというリサーチ結果があります。3割増しに盛ってOKです」(澤口さん)

    最初に目にするプロフィール写真は盛らなきゃ損!
    最初に目にするプロフィール写真は盛らなきゃ損!
  3. 理想の相手は2段階で絞り込む。
  4. 検索機能を使って希望条件に合う人を絞り込んだら、顔は見ずにまずはアプローチを。「希望条件に合うのに、顔だけで落選させてはもったいない! 条件も顔もいい人は、女性陣からのアプローチも多いと心得て、顔を見る前に相手を知る努力を。相手の反応があってから初めて顔を確認し、さらなる絞り込みをかけて」(大西さん)

  5. とにかく数を撃つ。
  6. ネット婚活では、主体的になって動くべし。相手からのアプローチを待つ前に、「いいかも!」ボタンを押したり、メッセージを積極的に送ったりしましょう。「マッチングが成立しなくても落ち込む必要はありません! 数は質に比例します。アプローチするほど、素敵な男性とマッチングする可能性が高くなりますよ」(澤口さん)

  7. 最低2つのネット婚活サービスを利用する。
  8. サイトにより、マッチングのシステムや、出会える男性のタイプも大きく変わる。女性は基本的に無料のサービスも多いので、少なくとも2つは登録して活用してみるのがポイント。「婚活色が強いサービスと、恋活寄りのサービスの2つを使ってみて。今、自分がどんな男性と出会いたいのか明確になってきますよ」(大西さん)

  9. 初デートは“お茶”だけよりも食事を。
  10. 初対面同士が、お茶だけで会話を続けるのは至難の業。初デートでも一緒に食事をするほうがベター。「心理的にも、人は食事を一緒にすると仲良くなりやすいものです。また、相手の食べ方や好き嫌い、お酒が入ったときの様子もチェックできますよね。男性の守備範囲の狭いランチスポットは、ぜひ提案してあげて」(澤口さん)

澤口珠子さん 婚活コンサルタント。主宰する少人数制レッスンでは1期生全員が1年以内に結婚するなど高い成婚率を誇る。365日メールレッスンも好評配信中。近刊『はじめての「ネット婚活」』(幻冬舎)。

大西明美さん 婚活アドバイザー。クリスチャン専門の結婚相談所を経営。年に100人以上と直接面談にて婚活アドバイスも行っている。著書に『となりの婚活女子は、今日も迷走中』(かんき出版)が。

※『anan』2016年12月7日号より。イラスト・いいあい 取材、文・齋藤春菜

(by anan編集部)