アンアンからニュースを配信します!

FB12000人超え! 話題の「豆乳ヨーグルト」って知ってる?

2016.11.21
ヨーグルトや、日本が誇る発酵食品である漬物、納豆などには、腸の調子を整えてくれる「乳酸菌」や「納豆菌」といった“美腸菌”がたっぷり。

そんな美腸菌をしっかり腸に届けるためのひと工夫や、スッキリ調子のいい腸を育むための最新情報を調べてみて出合ったのが「豆乳ヨーグルト」。

豆乳ヨーグルトの腸活パワーがすごいらしい…。豆乳ヨーグルト好きが集まるフェイスブックのファンページは、参加人数がなんと1万2000人超え!

「植物性の豆乳の中で育った乳酸菌は、胃酸に負けずに腸まで届くので整腸作用を実感できるとされています。私は、豆乳ヨーグルトを食べ続けることによって腸内環境が良くなり、風邪もひきにくくなりました」

と話すのはフェイスブック「TGG豆乳ヨーグルト同好会」管理人の栗生隆子さん。イソフラボンも摂れるので、美肌効果も期待できる!?

つくり方をご紹介します!

豆乳ヨーグルト

3回目の発酵が終われば、ついに完成!

3回目の発酵が終われば、ついに完成!

用意するもの

豆乳(無調整タイプ)…200ml、玄米(生)…ティースプーン山盛り1杯

つくり方

  1. 玄米を洗い、豆乳60ccを入れて、玄米が隠れるようにする。フタをして少し固まるまで常温に置く。心配なときは冷蔵庫に入れる。
  2. トロッと固まっていればOK! 発酵スタートの合図です。クサイなど匂いが気になる場合は作り直しを。
  3. 2の豆乳の高さの倍の位置まで豆乳を入れる。沈殿部分が動かないように上だけそっと混ぜフタをする。
  4. 2回目の発酵時間は6時間~半日。さらに残りの豆乳を入れ常温で放置すればOK。5~8時間で固まる。

「市販のヨーグルト100gに豆乳(無調整)を注いで常温で固まるまで置いても作れます。20度前後が適温です」(栗生さん)

栗生隆子さん フェイスブック「TGG豆乳ヨーグルト同好会」管理人。家庭でできる“発酵生活”情報を、ブログ「ようこそ!発酵Cafeへ」などで日々発信中。最新著書は『体も家もピカピカになる「お米の発酵水」』(扶桑社)。

※『anan』2016年11月23日号より。写真・多田 寛(DOUBLE ONE)  取材、文・齋藤春菜

(by anan編集部)