アンアンからニュースを配信します!

運命線多い人は「居場所」も多い? 日笠雅水が手相の観方をレクチャー

2016.5.14
性格や運気がわかる手相鑑定、自分でできればより楽しめるはず。今回は手相観・日笠雅水さんが、運命線の観方をレクチャーします。

中指に向かって伸びる運命線。

「1本しかないのは少数派で、大抵の人には複数の運命線があります。また、運命線が示すのは、社会との関わり方や意志の強さなど、本質と直結する要素。本数のほか、長さや濃さ、どこから出発して中指に向かっているか等から観ていきます」

以下では、運命線が伸びる方向や本数など、それぞれの観方をご紹介。

運命線が垂直

運命線が直線の例。
運命線が直線の例。

中指に向かってまっすぐ刻まれる。自分の力で人生を切り拓いていく人。

運命線が斜め

運命線が斜めの例。
運命線が斜めの例。

小指側から何本もの運命線が。仕事や趣味など、居場所を多く作る人。

運命線が1本

運命線が1本の例。
運命線が1本の例。

手首から中指に向けて、まっすぐ1本伸びている。自分のやりたいことを追求していくタイプと観る。斜めに1本だけ伸びる人も多い。

運命線が複数

運命線が複数の例。
運命線が複数の例。

指の付け根に近づくほど数が増えている。人生の後半に活動の場所をいくつか作ると読み取れる。運命線は複数のほうが一般的。

運命線が濃い

運命線が濃い例。
運命線が濃い例。

主要3線と同じくらいくっきり。目標が定まっていると、濃く現れる。

運命線が薄い

運命線が薄い例。
運命線が薄い例。

主要3線に比べてはっきりしない線。今の方向性に迷いがある状態を暗示。

※『anan』2016年5月18日号より。写真・土佐麻理子 石原敦志 文・堀 由美子 保手濱奈美 熊坂麻美

(by anan編集部)