アンアンからニュースを配信します!

井上芳雄「全方位に好かれるのは無理」 30代で気づいたこと

2016.11.11
“ミュージカル界のプリンス”も、デビューから16年。近年は、新たな分野にも挑戦し、貫禄や逞しさも身につけ、王子から大人の俳優へと成長を遂げている井上芳雄さん。そんな井上さんにインタビューを敢行しました。
いのうえ・よしお 1979年生まれ、福岡県出身。KERAさん作・演出の舞台『陥没』は来年2月4日よりBunkamuraシアターコクーンで上演。‘64年東京オリンピックが舞台に。WOWOW『井上芳雄 シングス ディズニー~ドリーム・ゴーズ・オン!』は11/22、22:45~放送。ジャケット¥40,000 シャツ¥12,000(共にMHL/アングローバルTEL:03・5467・7874) パンツ¥39,000(マーガレット・ハウエル/アングローバル) 靴はスタイリスト私物
いのうえ・よしお 1979年生まれ、福岡県出身。KERAさん作・演出の舞台『陥没』は来年2月4日よりBunkamuraシアターコクーンで上演。‘64年東京オリンピックが舞台に。WOWOW『井上芳雄 シングス ディズニー~ドリーム・ゴーズ・オン!』は11/22、22:45~放送。ジャケット¥40,000 シャツ¥12,000(共にMHL/アングローバルTEL:03・5467・7874) パンツ¥39,000(マーガレット・ハウエル/アングローバル) 靴はスタイリスト私物

井上芳雄さんのデビューは20歳の時。大作ミュージカル『エリザベート』で演じたのは、繊細な心を持った孤独な皇太子。美しい歌声と端正なルックスは、リアルプリンスの誕生と大きな話題になった。その井上さんも現在37歳。舞台のみならず、ドラマやバラエティ番組など活動の場を広げている。

――ずっと舞台を中心に活動されてきましたが、最近はドラマや映画、バラエティ番組などにも積極的に出演されていますよね。

井上さん:もちろんミュージカルが好きで始めたお仕事ですから、そこが自分の基盤だとは思っているんですが、それだけをやり続けるのって逆に難しいんですよね。僕としては、ミュージカルをやり続けるためにも、何でも挑戦させていただきたいと思っています。ここまでで、やらなきゃよかったって思うことはひとつもなかったんです。まあ二度と呼ばれないだろうと思うことはありますけど(笑)。

――来年には、ケラリーノ・サンドロヴィッチ(以下、KERA)さんが作・演出する舞台『陥没』にも挑戦しますよね。ミュージカルの王道を歩いてこられた井上さんが、ナンセンスな笑いを描き続けているKERAさんの舞台に出演するのが意外でした。

井上さん:接点がなさそうですしね(笑)。僕も最初は驚きましたから。以前に僕の舞台を観に来てくださり、その時に「今度一緒に」と直々に声をかけていただきました。同じ演劇でも、まったく違う分野の方から声をかけてもらえて、うれしかったですね。僕、演出家の方からしたら大変に使いやすい俳優だと思うんです。できるだけ演出家の色に染まりたいというか、要求に応えたい方なので。ただ、歌がある仕事の方が応えられる自信があるぶん、気は楽ですよね。新しいジャンルへの挑戦は、毎回やる度に不安というか…怖い。前日から本番直前までは、引き受けたことを後悔したりして(笑)。

井上芳雄「全方位に好かれるのは無理」 30代で気づいたこと
井上芳雄「全方位に好かれるのは無理」 30代で気づいたこと

――トーク番組でミュージカル界の裏側をぶっちゃけたり、プリンスとしてのイメージが心配です。

井上さん:期待に応えたいと思っちゃうタイプなんですね。できれば皆に好かれたいと思って20代を生きてきて、自分なりに努力はしてきたんですが、30代に入ってから全方位から好かれるのは無理なんだって気づいたんです。いまになってわかるのは、周りが僕にちやほやしてくれていたのは、僕の努力や才能だけじゃなく、若かったからなんですよね。若いっていうのは、それだけで存在価値があるんです。いまそれがなくなって、以前とは違う求められ方をされるわけです。トーク番組では、ミュージカルのことを知らない方々にも面白いと思ってもらいたいな、と。

――求められていたのが才能よりも若さだったと自身で認めるのは、キツかったと思うのですが?

井上さん:気づいた瞬間は唖然としました。ただ、若くない自分を認めることで、俳優としてできることも増えるんです。例えば、以前は実感できなかった老いの恐怖を、いまは芝居で表現できるかもしれない。人生経験があまりないまま20歳でお芝居を始めた頃は、役の深い心情が理解できない。演出家に「底が浅い」と怒られても、どうしていいかわからない。稽古場に行くのが辛くて、早く年をとって、世の中の真実を知りたくて仕方なかったです。

――年をとるとできなくなる役がありますが、その怖さはなかった?

井上さん:こう言うと驕っているように聞こえるかもしれませんが、30歳くらいまで、僕はミュージカル界で独占企業だったと思うんです。若くていい役って全部自分に来ているみたいな。でも、特別だと思っていた自分にも必ず「そろそろ…」って言われる時が来るはずで、できれば肩を叩かれる前に自分から「卒業します」って言える人でありたいです。

僕はもともとミュージカルオタクなんで、以前は「年をとったら次はあの役を」って思っていましたが、最近それも考えなくなりましたね。ミュージカルの場合、どうしても既存の作品をやることが多いけれど、いまはゼロから舞台を立ち上げる作業に興味があるんです。例えば『レ・ミゼラブル』は名作ですが、僕がやるから何かが飛躍的に変わる、ということはない。でもきっと初演の時には、大成功か大失敗かわからないなかで皆で試行錯誤していたはず。本来演劇とはそういうものだと思うのですが、逆行してそれを経験している僕にとっては、どうなるかわからないなかで立ち上げていく作業が刺激的なんです。

――いまの井上さんは、若い頃に抱いていた大人のイメージに自分が近づけていると思いますか?

井上さん:初舞台の時に主演をされていた内野聖陽さんは当時32歳で、いまの僕より5歳も若かったけれど、もっと大人に見えていましたよね。でも気づいたら、僕も当時の内野さんと同じように車は持ってるし、若い俳優にご馳走くらいはできている。いま20歳くらいの俳優からは、僕もあんなふうに見えているのかもしれません。

――やはり若い俳優を育てようというお気持ちもあるんですか?

井上さん:偉そうな気持ちはないですけれど、目上の方に受けた親切や愛情は、循環させて下の人に返していきたいというのはありますね。そうしないと、この世界が回っていかないと思うので。ただ、芝居のダメ出しはしないようにしています。それは、僕がダメ出しされるのが嫌だったので。その代わり、できるだけ褒めるようにはしています。褒められて嫌な気持ちになる人はいませんから。

いのうえ・よしお 1979年生まれ、福岡県出身。KERAさん作・演出の舞台『陥没』は来年2月4日よりBunkamuraシアターコクーンで上演。‘64年東京オリンピックが舞台に。WOWOW『井上芳雄 シングス ディズニー~ドリーム・ゴーズ・オン!』は11/22、22:45~放送。

ジャケット¥40,000 シャツ¥12,000(共にMHL/アングローバルTEL:03・5467・7874) パンツ¥39,000(マーガレット・ハウエル/アングローバル) 靴はスタイリスト私物

※『anan』2016年11月16日号より。写真・藤原江理奈 スタイリスト・宮崎智子 ヘア&メイク・川端富生 インタビュー、文・望月リサ

(by anan編集部)