アンアンからニュースを配信します!

斬新すぎ! お皿から料理まで“全部グレー”の一品とは?

2018.1.30
レストランジャーナリスト・犬養裕美子さんの「今日、どこで何、食べる?」。今回ご紹介するのは、『Ode(オード)』のグレー2018年冬です。
FOOD

この料理を見た時のインパクトは鮮烈だった。グレーの皿にグレーの料理! グレーの色は何の素材から? と考えても、すぐにはわからない。「青魚の頭と骨と、アンチョビなどをミキサーにかけると灰色になります。これに竹炭を少し加えて色を調整して、泡立てた卵白を合わせて焼くと、サクサクしたグレーのメレンゲができるんです」

昨年秋に独立して、センスある店づくりと料理でたちまち話題をさらった『オード』の生井祐介シェフ。なかでもこの料理は、初めてのゲストには必ず出される。「何か印象的な青魚の前菜をと考えていたんですが、偶然この形に仕上がった。とても評判がよくて」。メレンゲの色とアイデアも面白いが、その下にはさまざまなアイテムが折り重なっている。ローストしたレモンのクリームを敷き、ローズマリーの花と牛肉、ローズマリーの香りでスモークをかけたイワシ、黒ニンニクのマヨネーズ、フヌイユのサラダ、ポワローのピクルス、そしてメレンゲ…。どの部分をすくうかによって、味わいも香りも異なる。さわやかな酸味、青っぽいハーブの香り、コクのある牛肉、香ばしい青魚。旨味が凝縮したメレンゲのはかなげな食感もエレガント。身も心もグレーに染まる気がして、斬新です!

メレンゲの下にはイワシ、牛肉、フヌイユのサラダが隠れている。ランチのコース¥6,000、ディナー¥13,000の中の前菜として、季節ごとに青魚を替えて登場する。

東京都渋谷区広尾5‐1‐32 ST広尾2F TEL:03・6447・7480 ランチ12:00~13:00LO 、ディナー18:00~21:00LO 日・祝日休

いぬかい・ゆみこ レストランジャーナリスト。東京を中心に、国内外の食文化、レストラン事情をレポート。

※『anan』2018年1月31日号より。写真・清水奈緒 取材、文・犬養裕美子

(by anan編集部)


#料理についてさらに読んでみる。
#レストランについて、もう少しチェック!
【驚愕!意外とみられてた!】知っておきたい「脱毛サロン」の選び方4つ