アンアンからニュースを配信します!

日本人は気にしすぎ? 欧米人が真冬でも薄着のワケ

2017.12.17
知っているようで知らなかった! 冷えと温めにまつわる素朴なギモンを解消。成城松村クリニック院長の松村圭子先生と医学博士の福田千晶先生が答えてくれました。

体温が下がると、カラダが震えるのはなぜ?

冷え性

凍えるような寒さの中でじっとしていると、自然とカラダが震えることがある。医学博士の福田千晶先生によると、実はこの現象にはカラダを守るために重要な意味があるという。

「人間は心臓から全身に血液を巡らせることで体温を維持しています。でも自然に生まれる熱だけでは足りない場合、みずからカラダを震わせることで、筋肉を収縮させ、熱を生み出すことができるのです。つまり、それは生命維持のための本能的な反応。ちなみに、その状態から歩き出したり、走り出すと震えが止まるのは、必要な熱がきちんと作り出せている証拠です」

冷えを感じるのは日本人だけ?

冷え性

世界には日本よりも遥かに寒い地域があるはずなのに、欧米人は“冷え”を意識していないような気がする。それはなぜか。

「冷えを“万病のもと”とする東洋医学と違い、西洋医学では、冷えを特別に問題視してはいません。例えばロシアやオランダには“冷え症”にあたる言葉はありませんし、冬場には気温が氷点下になるドイツでもカイロはほとんど売られていません。つまり、欧米には“冷え”という概念がないため、仮に冷えていたとしても自覚していない、ということなのでしょう。このように、カラダのつくりにそれほど違いはなくても、冷えの捉え方は地域によってそれぞれ。アジアでも日本人は特に敏感といえます」(成城松村クリニック院長・松村圭子先生)

そもそも、「冷え症」と「低体温」の違いって?

「冷え症」と「低体温」は同じような意味で使われがちだけれど、実は症状も原因も根本的に異なるもの。

「一般的な冷えの症状とは、気温の高い低いにかかわらず、手足や下半身など、カラダの一部が冷えて不快に感じる状態のこと。それに対して低体温とは、深部体温が35℃以下になる病的な状態を指します。ここでいう“深部体温”とは、脳や心臓などカラダの中心に近い体温のことで、深部体温が35℃以下といえば、雪山で遭難した時と同じレベル。通常は手足がカチカチに冷えていたとしても、深部体温は37℃近くあるもの。このように、“冷え症”と“低体温”が厳密には違うものだということを知っておきましょう」(松村先生)

松村圭子先生 「成城松村クリニック」院長。専門は婦人科。著書に『女30代からのなんだかわからない体の不調を治す本』(東京書店)など。

福田千晶先生 医学博士、健康科学アドバイザー。『病気にならない 体を温める習慣』(中経の文庫)など著書多数。講演活動なども行う。

※『anan』2017年12月20日号より。イラスト・Maori Sakai 取材、文・瀬尾麻美

【人気記事】
肌荒れ予防や脂肪をつきにくくする食物繊維 アボカドはそのまま食べずに…


忙しく働く女性の新習慣! プラズマ乳酸菌入り「iMUSE(イミューズ)」