アンアンからニュースを配信します!

「寝床で携帯」が冷えにつながる? けやき坂46の悩みを解決する!

2017.12.19
寒くて眠れない。せっかく眠ったのに寒さで目をさましてしまう。けやき坂46メンバーが、こんな辛い冷えに悩んでいます。そこで今回は、眠るときに活用できる冷えとり法を、スペシャリストの2人に伺いました。さっそく今日から試してみて。

高本彩花さん、潮紗理菜さん、影山優佳さん、井口眞緒さんのお悩みは?

冷え

夜寝る前&寝ている間、寒くておちおち眠れません。

影山:布団に加えて、毛布を掛けても寒くて寒くて、なかなか寝付けないの…。

高本:私も、ひどいときには指先と足先の感覚がなっちゃうくらい、ずっと冷たいんだよね。

井口:靴下を履いて寝るようにしても、朝にはもう冷えちゃってるよねー。

潮:お風呂が好きだからゆっくり入るんだけど、なかなかその温かさも長続きしないし…。

高本:私は最近、寝る前にストレッチして体を温めるようにしているよ。でも、それでも末端冷え症は改善されない(涙)

影山:温かくして朝までぐっすり眠れる温活テクニック、なにかないかなー?

井口:冷え対策に使えるグッズとか、知りたい!

潮:あと、寝る前にオススメのホットドリンクも気になる~♪

お悩み解決1:「湯たんぽ3段活用」を心がける。

湯たんぽを移動し、重要な箇所を全て温める。「まず布団に入る直前の5分、枕の下あたりに置く。布団に入ったらお腹の上に移動。寝る寸前に足元に移して」(女性外来「麻布ミューズクリニック」名誉院長・渡邉賀子先生)

お悩み解決2:起毛の綿毛布などをシーツ代わりに敷く。

寝ている間の温かさには、布団のみならずシーツの役割も大。「天然素材の綿毛布が、保温性や吸湿性が高くベター。汗や老廃物の排出も促進してくれます」(文筆家、コピーライター・青木美詠子さん)

お悩み解決3:寝床では携帯を触らない。

ブルーライトなどによる目や肩への負担は、冷えにも影響が。「首周りが固まって、血流が悪くなる。寝ている間、体内の熱が末端まで届かなくなります」(青木さん)

お悩み解決4:おやすみ準備に葛湯を飲む。

ホットドリンクのなかでも、特に体を長時間温めてくれるのが、葛湯。「粘度が高いため、より長く胃腸に残って熱を保ってくれます。寝る直前は避けて」(渡邉先生)

青木美詠子さん 文筆家、コピーライター。自ら実践した冷えとり法を紹介する『ずぼらな青木さんの冷えとり毎日』(KADOKAWA)をはじめ、冷えとりに関する著書多数。

渡邉賀子先生 女性外来「麻布ミューズクリニック」名誉院長。日本初の冷え症外来開設。著書に『オトナ女子のためのホッと冷えとり手帖』(主婦の友インフォス)など。

いぐち・まお 1995年11月10日生まれ、新潟県出身。「末端冷え症で…。朝、冷たくなった化粧水をつけるのも辛い!」

かげやま・ゆうか 2001年5月8日生まれ、東京都出身。「手先がとにかく冷たくなるので、冬はカイロが手放せません」

うしお・さりな 1997年12月26日生まれ、神奈川県出身。「靴下をしっかり履いても冷たくなる足先に、困ってます」

たかもと・あやか 1998年11月2日生まれ、神奈川県出身。「指先が冷えすぎて、お煎餅が割れなかったことが…」

※『anan』2017年12月20日号より。写真・内山めぐみ イラスト・naohiga 文・松下侑衣花

(by anan編集部)

【人気記事】
肌荒れ予防や脂肪をつきにくくする食物繊維 アボカドはそのまま食べずに…


忙しく働く女性の新習慣! プラズマ乳酸菌入り「iMUSE(イミューズ)」

【人気記事】