アンアンからニュースを配信します!

話題の「劇団チョコレートケーキ」が代表作を再々演! 裏と表を描いた2作

2017.12.11
近年、数々の演劇賞を受賞し、注目を集めている「劇団チョコレートケーキ」。その甘く可愛い劇団名からは想像できないような、歴史的事件や社会的テーマを扱った、硬質で濃密な作品を作り続けている。その中核を担うのが脚本担当の古川健さんと、演出担当の日澤雄介さんだ。

ひとつの歴史の裏と表を描いた2作。

劇団チョコレートケーキ

「もともとは脚本のネタに苦しんで、どうしたら苦しくなくなるかを考えたときに、自分の興味のあることを書いてみようと思ったのが発端でした」(古川さん)

あさま山荘事件や大正天皇など、歴史や社会的な事象を扱いながらも、古川さんが描くのは、

「そこに関わる個の人間の感情の機微。あくまでも等身大の人なんです。自分の感性に落とし込んで観られるからこそ、多くの人に支持してもらえたんだと思います」(日澤さん)

そこに、「演劇はやっぱり娯楽だと思うんです」と古川さんも続ける。

「そのために、もっともらしい嘘を入れることもたびたび(笑)。ただ、僕自身の主張を語らせるような嘘はつきたくないと思っています。モチーフに対するリスペクトを失ったら、作品が途端に胡散くさいものになりますから」(古川さん)

それを演出する日澤さん側は、「あえて知識を入れないようにしている」という。

「もともと本をあまり読まないのもあるんですが、基本的に、脚本に書かれたものがすべてだと思うようにしています。僕のような史実を知らない人間が観たとき、ちゃんと枠組みを理解して楽しめるのかが大事だと思うので」(日澤さん)

社会派劇というとなんだか小難しそうに感じるけれど、この完全分業システムが、題材について何も知らずに観ても、わかりやすく、楽しめる舞台を生み出している。そんな彼らの次回作は、初演時から2本同時上演されてきた『熱狂』と『あの記憶の記録』の再々演だ。

「そもそものコンセプトは、第二次世界大戦を直接描かずに表現したいというもの。この2本はいわば、そのプロローグとエピローグに位置しています」(古川さん)

『熱狂』ではヒトラーが国民の心を掌握していく過程を、『あの記憶~』では戦後25年を経た中東の家族を軸に、過去の記憶が描かれる。

「ひとつの歴史の表と裏で、全然カラーが違う作品です」(古川さん)

「1本だけでも楽しめる強度を持っている作品ですが、2本観ていただけたら、我々が伝えたいものが明確に伝わると思います」(日澤さん)

劇団チョコレートケーキ
劇団チョコレートケーキ
『熱狂』『あの記憶の記録』 初演は’12年。その翌年、劇場との特別提携公演として再演。第二次世界大戦というどっしりと重い題材を、まったく違う時代や国を舞台にした2作で描くという企画の面白さとドラマの重厚さで、観客の大きな支持を得、CoRich舞台芸術アワード!を受賞。撮影・池村隆司(共に2013年の公演より)

12月7日(木)~19日(火) 池袋・東京芸術劇場 前売り3800円 当日4000円 2作品共通チケット7000円 初日割3500円 U25(25歳以下、要証明書)3000円*すべて税込み 劇団チョコレートケーキ TEL:080・9080・1861(月~金曜11:00~18:00) スケジュールの詳細はHPにて。www.geki-choco.com/

ふるかわ・たけし、ひさわ・ゆうすけ ’00年に劇団チョコレートケーキを結成。’09年より古川さんが脚本を、’10年より日澤さんが演出を手掛けるようになり現在に至る。’15年に紀伊國屋演劇賞団体賞を受賞。

※『anan』2017年12月13日号より。写真・土佐麻理子 インタビュー、文・望月リサ

(by anan編集部)

【人気記事】
白石麻衣のカラダの悩み 昔からアレが悪くて…


一年の締めくくりに、大好きな香りに包まれたい。