アンアンからニュースを配信します!

“2.5次元界”で注目の黒羽麻璃央は「ちやほやされたい」?

2017.12.5
若手俳優の登竜門となったミュージカル『テニスの王子様』を筆頭に、人気ジャンルへ成長した2.5次元舞台は、いま群雄割拠の時代へ。そんななか、ananが注目する俳優をご紹介します。
黒羽 (1000×1024)

いま熱狂的な人気を集めているミュージカル『刀剣乱舞』で黒羽麻璃央さんが演じているのは、「刀剣乱舞-ON LINE-」のアイコンにもなっている三日月宗近。「この役との出合いは本当に大きかった」と話す。

「この作品に携わり始めた当初を振り返ると、発声法も演技も、舞台に立つための基礎を何も知らなかったなと思うんです。まさにレベル1から始めた感じで、たくさん怒鳴られましたけれど、おかげで度胸がつき、いま約1年ぶりに三日月宗近として出演している公演に、生きている気がするんです。先日、演出家の方から『ようやくハマったな』と笑顔で言われたのは嬉しかったですね」。そう言った後、「厳しい現場を経験すると、つい上手くなった気になるけれど、学んだことを次に生かせなきゃ意味ないですよね」と付け加えた。

デビューはミュージカル『テニスの王子様』。しかし、最初の1年は「全然楽しくなかった」そう。

「そもそも、ちやほやされたいくらいの気持ちでイケメンコンテストに参加したんで、俳優でやっていこうという意思も薄くて。それでテニミュに入ったら、芝居はできないしキツイし…。いま思うと単なる逃げだったんですけれど」

ある時、「自分の場面で、客席からすすり泣く声が聞こえて、届いているんだって」気づいてから、徐々に面白くなっていったそう。近頃はドラマ映像にも活躍の場を広げている。

「でも根本的には変わってないんです。いまも、ちやほやされたいし、人気者になりたいんです(笑)」

CHARACTER FILE

ミュージカル『テニスの王子様』菊丸英二
「当時は技術もなく、とにかく一生懸命にやるしかなかった。振り返るとちょっと小っ恥ずかしくて、いまだにあまり観たくは…ない」

ミュージカル『刀剣乱舞』三日月宗近
「トライアル公演の初日、内番の衣裳で出たら客席から拍手が起きたんです。その時、客席は味方なんだとホッとしたんですよね」

くろば・まりお 1993年7月6日生まれ、宮城県出身。現在、ミュージカル『刀剣乱舞』に出演中。また放送中のドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)では劇中ドラマ「恋神」に出演。来年2月には主演映画『Sea Opening』が公開になる。

ニット¥26,000(ワンダー ランド/ノット ワンダー ストア TEL:06・6110・5466)パンツ¥40,000(ジョン エリオット/サザビーリーグ TEL:03・5412・1937)

※『anan』2017年12月6日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・壽村太一 ヘア&メイク・shibuya(vitamins)

【人気記事】
いい女は寝る前にアレを枕元に置く!? 横澤夏子が解説


【ちょっとの努力でこんな?!】ダイエット部まさかの結果報告