アンアンからニュースを配信します!

コレ選んどけば間違いない! 手みやげツウ絶賛の“手みやげ惣菜”

2017.11.7
小腹を満たす、至福のお惣菜。手みやげツウが絶賛する、“間違いのない”味をご紹介します!

「仕事でご一緒することの多い、編集者の大先輩が持参する差し入れがいつも完璧で、見習ってます。ご飯ものなら、ほっこりした佇まいに思わず場が和む海苔巻きや、後から駆けつける人にもキレイなまま出せる箱寿司。惣菜なら、町場のシャルキュトリーだけど味は本格的なソーセージをさりげなく。男子にも人気でオススメですよ」

とは、料理本の撮影も多く手掛ける写真家の新居明子さん。また、手作りの惣菜を持参することも、というのは、著書に食のコミックエッセイも多いオカヤイヅミさん。

「なので買っていくときは、家では作るのが手間な折り詰めや揚げ物を。それもパッケージや見た目、匂いで味の想像がつく、“間違いのないもの”を選ぶのが秘訣」

そんな手みやげマスターの2人が選ぶ、本当に喜ばれるお惣菜とは?

マイスタームラカミ『ケーゼ』

惣菜

本場ドイツでも認められる自家製シャルキュトリー。ソーセージ生地を型に詰めて焼き上げた「ケーゼ」は、レバーケーゼ、オニオンケーゼ、ピザケーゼの3種類。「薄く切ればそのままオードブルになるので、パーティに持っていくのに便利。チーズの入ったピザケーゼがお気に入りです!」(新居さん)。地方発送可(送料¥831~)。ラッピング代別途¥500。予約可。レバーケーゼ、オニオンケーゼ、ピザケーゼ各¥1,200(税込み)●東京都武蔵野市境南町3‐19‐8 TEL:0422・32・3166 9:00~19:00 日・祝日休 www.ham-murakami.co.jp/

パン屋のどん助『ちくわチーズ』

惣菜

東新宿の住宅街で、何代にもわたって愛される名店。「ここのパンはどれも魅力的ですが、私は“ちくわチーズ”のファン。ちくわにチーズを入れてパン粉をまぶし、オーブンで焼き上げたものを、手作りのソースを塗ったコッペパンにサンド。パンの生地がとにかくふわふわで、一口で味の違いがわかります。コロッケサンドやハムかつパンも大好物です」(新居さん)。予約不可。¥172(税込み)●東京都新宿区新宿7‐13‐3 TEL:03・3203・6671 7:30~18:30(なくなり次第終了) 日・月曜休

ラ・ヴィエイユ・フランス本店『エビとそら豆のキッシュ』

惣菜

こだわりのケーキ、マカロン、焼き菓子などが人気の洋菓子店で、土・日限定で販売されているのがこちらのキッシュ。「生地のサクサク感とチーズの後味がやみつき。一つ一つが大きいので、1個でお腹いっぱいになります」(新居さん)。キッシュは他にも、「野菜とサーモン」「ほうれん草とベーコン」「キノコのキッシュ」の4種類。予約可。¥550(税込み)●東京都世田谷区粕谷4‐15‐6 グランデュール千歳烏山1F TEL:03・5314・3530 10:00~19:30 月曜休(祝日の場合は翌火曜休) www.lavieillefrance.jp/

元楽総本店『蔵前名物 元楽の焼豚』

惣菜

「蔵前のラーメンといえばここ」といわれる名店で、密かに人気を集めるのがテイクアウト用のチャーシュー。特製タレで2時間半じっくり煮込まれたチャーシューは、箸を入れるとほろりと崩れる柔らかさ。「タレと特製ごま油付きで、ネギさえ刻めば家でおいしいチャーシュー丼が楽しめます」(新居さん)。予約可。¥2,800(税込み)●東京都台東区蔵前2‐12‐3 TEL:03・3851・4537 11:00~21:00(土・日・祝日~20:00) 無休(GW、盆、年末年始は休みあり) www.genraku.com/kuramae.html

サンドイッチハウス メルヘン『チーズチキン大葉巻き(タマゴ)』

惣菜

都内を中心に23店舗を展開するサンドイッチ専門店。ショーケースにズラリと並ぶサンドイッチの種類の豊富さは随一で、写真の「チーズチキン大葉巻き」や「アボカドとツナ」などの変わりダネも。「学生の頃から親しんでいる味。しょっぱい系と甘い系のバランスを考えながら、相手の好みに応じて選ぶ楽しさも」(オカヤさん)。予約可。¥340●松屋銀座本店 東京都中央区銀座3‐6‐1 松屋銀座本店B1 TEL:03・3564・2040 10:00~20:00(松屋銀座の営業に準ずる) www.meruhenk.co.jp/

大野屋牛肉店『松阪牛入りビーフメンチカツ&スコッチエッグ』

惣菜

神楽坂上にある老舗の精肉店。この店いちばんの名物「スコッチエッグ」は、国産の合挽き肉に卵がまるまる1個入っていてボリューム満点! タイミングが良ければ、揚げたてをテイクアウトできる。「メンチカツやスコッチエッグは牛肉のいい香りがします。『家庭で揚げ物は少し面倒で』という人にはいつも喜ばれます。一人暮らしの人が多い飲み会にはビールと一緒に(笑)」(オカヤさん)。予約可。松阪牛入りビーフメンチカツ¥260(税込み) スコッチエッグ¥350(税込み)●東京都新宿区神楽坂6‐8 TEL:03・3260・2947 10:30~19:00 無休(正月、盆は休みあり)

新居明子さん 写真家。雑誌や書籍、広告などで活躍。「Edition SOSOUP」を立ち上げ自主制作の出版物「ZINE」も手がける。www.sosoup.jp/

オカヤイヅミさん 漫画家、イラストレーター。著書に『すきまめし』『続・すきまめし』(共にマッグガーデン)などが。http://hasumukai.jp/

※『anan』2017年11月8日号より。写真・小川朋央 文・瀬尾麻美

(by anan編集部)


【人気記事】
心理テストで発覚!? あなたの「性欲スイッチ」はどこ?


【驚愕!意外とみられてた!】知っておきたい「脱毛サロン」の選び方4つ